ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の依存名詞「~みたいなもの」とは?【따위】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする


皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~みたいなもの」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20191008175056j:plain

解説

【따위】
読み:ッタウィ
発音:tta-wi

名詞や副詞につけ「~なんか」「~みたいなもの」「~みたいなやつ」という相手を見下したり、軽蔑した発言をするときに使用する。

怒ったりしたときに活用することが多いです。

指示代名詞+따위

;この」「;その」「;あの」の場合は、『~』と縮約する場合もあります。

  • 이따위→【이딴】こんなもの
  • 그따위→【그딴】そんなもの
  • 저따위→【저딴】あんなもの

例文

・저 녀석 따위, 상대 않아!
読み:チョニョソク ッタウィ サンテ アナ
訳:あいつなんか、相手にしないよ!

・그런 구두따위 버려라.
読み:クロン クドゥッタウィ ボリョラ
訳:そんな靴なんて捨てな。

・그따위 남자 헤어져라!
読み:クッタゥイ ナムジャ ヘオジョラ
訳:そんな男、別れなよ!

あとがき

見下す言い方なので、あまり使用頻度はないかと思いますが、こういう言い方あるよ!ということだけ覚えていただけるといいと思います。

ではでは、またね~。

スポンサーリンク