ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「いじめ」とは?【왕따】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「いじめ」という単語を記事にします。

ネガティブな単語なので、前向きに覚える単語ではありませんが、ご紹介します。

f:id:yukik8er:20190922183502j:plain

解説

【왕따】
読み:ワンッタ
発音:wang-tta


意味は、名詞で「いじめ」となります。
この『いじめ』という単語は、仲間外れ等のいじめで使用します。

【따돌림】ッタドリムという単語が「仲間はずれ」という訳です。
その따돌림に【;王】ワンを付けて、程度が大きい(酷い)仲間外れから『いじめ』と訳されています。

そもそも、直訳で『いじめ』にあたる単語が韓国語でないため、読みがイジメ【이지메】と読む単語も使われます。
それほど、日本でのいじめは、社会問題として位置づけられていると思います。

類義語

【직따】職場いじめ
読み:チッタ

職場のいじめの場合でのみ使用される。
【직장】【왕따】から作られた造語である。

活用例

【왕따를 시키다】いじめる(いじめをさせる)
読み:ワンッタル シキダ

【왕따를 당하다】いじめられる(いじめに遭う)
読み:ワンッタル タンハダ

例文

・왕따를 절대 용서할 수 없습니다!
読み:ワンッタル チョルテ ヨンソハルス オスムニダ
訳:いじめを絶対に許すことができません!

・나는 왕따를 당하고 있었습니다!
読み:ナヌン ワンッタル タンハゴイッソッスムニダ
訳:私はいじめに遭っていました!

いじめについてのあとがき

私は、小・中・高とずっといじめられっ子で...。
ちょっと変わり者だったみたいです。
まぁ、いろいろありましたけど...いじめてた相手を特に恨んでもいません。
いじめに遭ったことで、私はいじめに遭う人の気持ちがわかるし、いじめる側の人間にならなくてよかったな~と心底思っています。(強がりかもしれませんが...)

そして人間は、立ち向かえる人とそうでない人がいます。
いじめに立ち向かってもいいけど、私は無視(気にしていないフリ)していました。
無視が一番効く気がする。。。

ただ1つ言えるのは、いじめをする人間の方が愚かだということです。
そして、もう1つ付け加えるなら...人間いつかは飽きるということです。いじめをしていることに飽きるので、放っておくのが一番です。
暴力まで受けるとなれば、警察に行くことと、証拠を持って訴えることをお勧めします。

それでは~!!

スポンサーリンク