ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の依存名詞「~こと/~もの」とは?【것】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~こと/~もの」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20190922185040j:plain

解説

【~것】
読み:コッ
発音:kŏt


意味は、依存名詞で「~こと」「~もの」となります。

「~こと」という訳になる単語は多いですが【것】は、行為の結果を表します。例えば、「映画を観ることが好き」や「卒業することは寂しい」など。
可能・不可能を表す【:~こと】は、「観ることができる」「することができない」など、後に「있다」「없다」を付けるときに用いる。

「~もの」と訳す場合は、「私のもの」や「作ったもの」と説明する文章で使用します。

また、形式依存名詞ですので、前の単語とは分かち書きが必要です。
文字で書く場合は、スペースを入れましょう。

※「탈것:乗り物」という単語等は、名詞となりますので、もちろん分かち書きしません。

活用例

【~것은】~ことは(ものは)
読み:ゴスン

【~것이】~ことが(ものが)
読み:ゴシ

例文

・이것은 내 것입니까?
読み:イゴスン ネ ゴシムニッカ?
訳:これは、私の物ですか?

・나는 영화를 보는 것이 취미입니다.
読み:ナヌン ヨンファル ボヌン ゴシ チュィミイムニダ
訳:私は、映画を観ることが趣味です。

・누가 만든 것입니까?
読み:ヌガ マンドゥン ゴシムニッカ?
訳:誰が作ったものですか?

・도전하는 것은 즐거워요!
読み:トジョナヌン ゴスン チュルゴウォヨ
訳:挑戦することは楽しいです!

あとがき

「私のもの」「誰のもの」「乗ること」などなど、いろんなパターンで例文を作ってみてください。

ではでは、このへんで~。

スポンサーリンク