★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語の依存名詞「~こと」とは?【줄】意味を勉強しよう!

スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で能力やスキルを説明するときに使用する「~こと」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20180728123744j:plain

解説

【줄】読み:チュル

「~こと」という訳になる依存名詞です。
「~こと」というになる単語は、沢山ありますが【줄】は、能力やスキルを表現する際に使用します。

例えば、「英語を話すことができます」「キムチを作ることができません」という文章の場合に使用しますが、「キムチを作ることができない」に関しては、作る能力がないときに用います。
作る時間がないや、材料がないといった場合は、不可能の「~すること」の依存名詞を使用しますので【수】を用います。

活用方法

【ㄹ 줄 알다】~することができる
【ㄹ 줄 모르다】~することができない

알다(知る・分かる)と모르다(知らない・分からない)が、あとに来る理由として【줄】は、能力を見せることができるかできないかの「~すること」を表現するので、もちろん「分かる」「知っている」、もしくは反対語を使用します。

活用例文

・나는 영어를 말을 줄 알아요!(私は、英語を話すことができます)
読み:ナヌン ヨンオル マルル チュル アラヨ

・그는 김치를 만들 줄 몰라요.(彼は、キムチを作ることができません)
読み:クヌン キムチル マンドゥル チュル モラヨ

あとがき

正直、【줄】の使い方は難しいですよね!いわゆる、〜する術を知っている、知らないということです。「:~こと」との使い分けができるように理解しておきましょう!
今回は、使い分けの勉強でした。

ネイルバヨ~('◇')ゞ

スポンサーリンク