ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の依存名詞「~ところ/こと」とは?【데】意味・使い方を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~ところ(場所)」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20191008211413j:plain

解説

【데】
読み:テ
発音:te


場所を表す「ところ」という訳になります。「行くところ」「行くこと」と前後の文章で訳が変わります。

ほかに、状態・場合・時間でも表します。「するとき」「するのに」という訳で用います。

「連体形 + 데」で表現します。

  • 는 데(進行)
  • (으)ㄴ 데(過去)
  • (으)ㄹ 데(未来)


連体形の後ろに '데다가' で「~であるうえに」「~するうえに」という使い方もします。

類義語

【바】
読み:パ

こちらも「ところ」と訳しますが、'데' と使い方が違います。前述の内容について話す時、方法を表現します。

例えば「するところ」や「したところ」という、方法や状態を表します。

例文

・난 글 쓰는 데 시간이 너무 걸려요.
訳:私は、文を書くのに時間がすごくかかります。

・알다시피 갈 데가 없다고.
訳:ご存じの通り、行くところがないんだよ。

あとがき

韓国語は、いろんな依存名詞があり全てを活用するのは難しいですが、文章で出てきたら理解できるようにしておきましょう。

では、このへんで。

スポンサーリンク