ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の依存名詞「~ふり」とは?【척】意味・使い方を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~ふり」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。
活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20191008211401j:plain

解説

【척】
読み:チョk
発音:cheok


用言・体言の連体形をつけて「~するふり」「~したふり」という文章を作ることができます。

活用方法

  活用 意味
動詞(進行) 는 척 ~するふり
動詞(過去) (으)ㄴ 척 ~したふり
形容詞 (으)ㄴ 척 ~なふり
名詞(指定詞) 인 척 ~のふり

例文

・봐도 못 본 척, 들어도 못 들은 척하는 사람들이 많아요.
訳:見ても見ていないふり、聞いても聞こえていないふりをする人々が多いです。

・아는 척하지 마.
訳:知ったかぶりするな。

・본인인 척하고 돈 빌려달라는 사기가 늘고 있다.
訳:本人のふりをしてお金を貸してほしいという詐欺が増えている。

あとがき

「寝ているふり」「痛いふり」など、いろんな例文を作ってみてください。

では、このへんで。

スポンサーリンク