ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の依存名詞「~わけ/~つもり」とは?【셈】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~わけ/~つもり」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20190922185307j:plain

解説

【~셈】
読み:セム
発音:sem


意味は、依存名詞で「~わけ」「~つもり」となります。

連体形の後ろにもってくることで「~わけ」「~つもり」となります。
例えば、「何時に帰ってくるつもり?」や「弱小チームが勝ったわけ」という文章で使用できます。

活用方法

  • 現在形『~는 셈』~というわけ
  • 過去形『ㄴ / 은 셈』~したわけ
  • 未来形『ㄹ / 을 셈』~するつもり

例文

・그래서 닥치고 있는 셈이다!
読み:クレソ タッチゴ インヌン セミ
訳:どうりで黙っているわけだ!
※直訳は「だから、黙っているわけだ」となります。

・결국 무리 한 셈이다!
読み:キョルグ ムリ ハン セミ
訳:結局、無理したわけだ!

・혼자만 여행을 갈 셈이냐?
読み:ホンジャマン ヨヘングル カル セミヤ?
訳:一人だけで旅行に行くつもりなの?

・몇시에 돌아올 셈입니까?
読み:ミョッシエ トゥラオル セミムニッカ?
訳:何時に帰ってくるつもりですか?

あとがき

「~わけ」「~つもり」別々でいろんなパターンで例文を作ってみてください。

ではでは、このへんで~。とばよ~。

スポンサーリンク