ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の依存名詞「~するわけ/するはず」とは?【리】活用方法

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~するわけ」「~するはず」について勉強しましょう。

依存名詞とは、他の単語の後ろに持ってくることで名詞的な機能をする単語のこととなります。活用方法を確認しましょう。

f:id:yukik8er:20191008205606j:plain

解説

【리】
読み:リ
発音:ri


「するはずがない」もしくは「するわけがない」といったような文章を作るときに用います。

・(으)ㄹ 가 없다(未来連体形 + はずが + 存在詞)

否定の原因・理由を表します。

活用例

【그럴 리】そんなわけ/そんなはず
読み:クロL

【있을 리】あるわけ/いるはず
読み:イスL

【할 리】するわけ/するはず
読み:ハL

例文

・설마! 그럴 리가 없어.
訳:まさか!そんなはずがないよ。

・집에 있을 리가 없습니다.
訳:家にいるわけないです。

・그런 짓을 할 리가 없잖아!
訳:そんなことするはずがないじゃないか!

・괜찮을 리가 없잖아!
訳:大丈夫なはずないじゃん!

あとがき

依存名詞は、多いのでいろんな例文を作ってみて覚えましょうね。

ではでは。このへんで~。
とばよ。

スポンサーリンク