★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語の依存名詞「~のに」とは?【~데】意味を勉強しよう!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~のに」「~だけど」について勉強しましょう。

【~지만】との違いについてもまとめていますので、ぜひ一読ください。

f:id:yukik8er:20180616010404j:plain

解説

【~데】の意味は、日本語訳にすると多様です。
「~のに」「~だけれども」「~ですが」など、逆説で使用します。

「悪いけど」や「食べたのに」「~したいのですが」という文章を作るときに使います。

語尾のつけ方

語幹に下記のようにつけるだけです。

動詞 or 存在詞(는데)
・좋아하는데(好きだけど)チョアハヌンダ
・있는데(あるのに / いるのに)イッヌンデ
・노는데(遊ぶのに)ノヌンデ ※「놀다:遊ぶ」ㄹ変則のため、ㄹ脱落
形容詞 or 指定詞(パッチム無:ㄴ데、パッチム有:은데)
・미안한데(悪いけど)ミアナンデ ※直訳は「申し訳ないが」
・~인데(~だけど)インデ
・매운데(辛いのに)メウンデ ※ㅂ変則のため「으」『우』になります。
過去形(았 or 었+는데)

「~したけど」「~したのに」という文章のとき

・봤는데(見たのに)パッヌンデ ※縮約形
・먹었는데(食べたけど)モゴッヌンデ
未来形(겠+는데)

「~するのに」「~するつもりだけど」という文章のとき

・보이겠는데(見せるけど)ポイゲッヌンデ
・만들겠는데(作るのに)マンドゥルゲッヌンデ

分かち書きに注意!

「~するのに」という文章で【名詞+하다】の現在形の文章の時は、会話では気にしなくてよいが、文字にするの時は「分かち書き」となります。

・勉強するのに→【공부하는데 】
・説明するのですが→【설명하는데】

一応、決まりですが・・・きっとくっついて書いてても、読んだ人は理解してくれると思います。

~지만 との違い

同じように「~だけど」という逆説で使用されるが、大きく違う点があります。

【~지만 】前文を認めつつも否定するとき
【~데】行動や想いの説明のとき

例えば「行かないけど」や「見ないけど」という否定文は【~지만 】を使います。

接続詞で使われる【하지만】ハジマンは、話の否定で「しかし」と使用するが、【근데】クンデは「ところで」や「そうなんだけど」と話の転換で使用する。
ときに、後の文が否定的なときもあるので、一概に否定では使わないというわけでもない。

하지만 나는 축구를 좋아 하잖아요!
근데 나는 축구를 좋아 하잖아요!

「~私は、サッカーが好きじゃないです」という文章ですが、「しかし」or「ところで」の違いではありますが、否定文ですよね!
同じ、逆説なのでどちらを使用してもほぼ同じ意味となります。

分かりやすい例だと、

・미안하지만 먹고 싶지 않아요.(申し分けないですが、食べたくないです)
読み:ミアナジマン モコ シブジ アナヨ

・미안한데 먹을 수 없습니다.(申し訳ないけど、食べることができません)
読み:ミアナンデ モグルス オスムニダ

미안하지만→相手に気を使い謝罪+否定
미안한데→自分の反省+説明


ということで、同じ逆説文を作るときに用いる単語ですが、説明文と否定文で用途が異なると覚えておいてください。

では、とばよ~。