ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の用言を名詞化する【기・이・ㅁ】意味・活用方法

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、用言を名詞にする方法を勉強しましょう。

ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200906182909j:plain

解説

用言に『기』『이』『ㅁ』を付けることで名詞化することができます。
例えば「遊ぶ」→「遊ぶこと」だったり、「生きる」→「人生」と表現できます。

+기

用言+『기』は、これからやることで用います。

(例) 먹다→먹기
食べる→食べること

用言 名詞化 意味
가다 가기 行くこと
놀다 놀기 遊ぶこと
달리다 달리기 走ること
하다 하기 やること


例えば「食べたくない」なら『먹기 싫어』
「やりたくない」なら『하기 싫어』となります。

また、スケジュール帳に予定を書くときに用います。
「映画館に行く」なら『영화관에 가기』と書きます。

+ㅁ

用言+『ㅁ』は、既に終わったことで用います。
「〇〇終了」というニュアンスで、メモする感覚です。

  • パッチム無:+ㅁ
  • パッチム有:+음

(例) 먹다→먹음
食べる→食べた(という出来事)

用言 名詞化 意味
가다 行った事
놀다 놀음 遊んだ事
달리다 달림 走った事
하다 した事

意味は「~した事」ですが、直訳ではありません。

例えば「キムチを食べた」という出来事をメモするなら『김치를 먹음』
しかし、言葉で伝えるなら『김치를 먹었다』となります。

他にも「宿題を終えた」と書くときは『숙제를 함』
「掃除終了」なら『청소함』と書けばいいと思います。

未来=기/過去=ㅁ?
  • "기" は、これからのこと
  • "ㅁ" は、起きた出来事

上記のように決めつけて覚えないようにしましょう!

例えば『살기』→「生きること」
『삶』→「生きたこと」=?

『삶』は「人生」もしくは「暮らし」や「生活」と訳されます。
これは、明確な事実があり結果として証明されていることを指すからです。
生を受け、今まで生きてきての「人生」や「生活」を表しています。

また『달리기』は「かけっこ」と訳され
100m走は『100미터 달리기』と表します。
これからの予定でなくでも、"기" を付けるルールのものもあります。

未来・過去の出来事とだけ捉えないようにしましょう!

+이

用言+『이』は、一つの物や形・単位として表すときに用います。

(例) 먹다→먹이
食べる→餌

用言 名詞化 意味
높다 높이 高さ
깊다 깊이 深さ
길다 길이 長さ

※「높이」などは、副詞活用するときもあり「高く」と訳すことも出来ます。


変則的なものもあります。

例えば『差し込む:꽂다』→꽂이?→『꼬치』で「差し込み」となり
『焼く:굽다』→굽이?→『구이』で「焼き」となります。
合わせて【꼬치구이】→「串焼き」ということですね!

他に『可愛い:귀엽다』もちょっと変則的です。
귀엽이ではなく→『귀염이』になって ..発音は【귀요미】クィヨミで「可愛い~♡」といった感じ。
可愛い物や人を指して使います。

あとがき

いかがだったでしょうか?
こういう使い方できるよ~くらいで覚えておくといいかもしれません。

時に、韓国の方がLINEなどで 『はい:넴』と返事するときがあります。
くだけた表現でスラングという見方が強いですが...私は "理解しました" という意味なんじゃないかな~と勝手に思っていました。
でも『넹』『넵』とかもあるので「は~~い」ってことですかね。

それに「はい:네」は用言じゃないですしね!笑

ふむふむ。
韓国語、奥深き言語である!!

では、アンニョン。

スポンサーリンク