ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「~とする」とは?【삼다】意味・活用方法

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~とする」について勉強しましょう。

「負けと見なします」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200906181621j:plain

解説

【삼다】
読み:サッタ
発音:sam-tta

意味は「~とする」「~にする」「~と見なす」となります。
有声音化ではなく、濃音化するのが特徴です。

類義語

【간주하다】見なす
読み:カンジュハダ

現在形

【삼습니다】~とします(ハムニダ体)
読み:サスムニダ

【삼아요】~とします(ヘヨ体)
読み:サマヨ

【삼아】~とするよ(パンマル)
読み:サマ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【삼았다】~とした
読み:サマッタ

【삼았습니다】~としました(ハムニダ体)
読み:サマッスムニダ

【삼았어요】~としました(ヘヨ体)
読み:サマッソヨ

【삼았어】~としたよ(パンマル)
読み:サマッソ

意志/推量形

【삼겠다】~とする
読み:サケッタ

【삼겠습니다】~とします(ハムニダ体)
読み:サケッスムニダ

【삼겠어요】~とします(ヘヨ体)
読み:サケッソヨ

【삼겠어】~とするよ(パンマル)
読み:サケッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【삼고 있다】~としている
読み:サコ イッタ

【삼고 있습니다】~としています(ハムニダ体)
読み:サコ イッスムニダ

【삼고 있어요】~としています(ヘヨ体)
読み:サコ イッソヨ

【삼고 있어】~としているよ(パンマル)
読み:サコ イッソ

過去進行形

【삼고 있었다】~としていた
読み:サコ イッソッタ

【삼고 있었습니다】~としていました(ハムニダ体)
読み:サコ イッソッスムニダ

【삼고 있었어요】~としていました(ヘヨ体)
読み:サコ イッソッソヨ

【삼고 있었어】~としていたよ(パンマル)
読み:サコ イッソッソ

否定形

【삼지 않다】~としない
読み:サチ アンタ

疑問形

【삼습니까?】~としますか?
読み:サスムニッカ?

例文

・선배를 목표로 삼고 있었습니다.
読み:ソンベルピョロ サコ イッソッスムニダ
訳:先輩を目標としていました。

・이번 일을 교훈 삼아 다음부터 주의하세요.
読み:イボン イル キョフンサマ タウブト チュイハセヨ
訳:今回の事を教訓として、次から気をつけなさい。

あとがき

하다 の「~する」とは違い、見なして・考えた結果「~とする」ということですね。
動詞なのですが、文法として覚えておくといいと思います。

ぜひ、ご活用ください。アンニョン!

スポンサーリンク