★ハングルマスター★

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語の指定詞・存在詞の連体形とは?【는・던・을 etc】

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語「指定詞・存在詞の連体形」について勉強しましょう。

動詞・形容詞の連体形とは少し異なります。
ぜひ、覚えて会話でドンドン活用しましょう!

f:id:yukik8er:20190317233851j:plain

連体形とは?

続く体言(名詞)につく形です。
例えば「綺麗な絵」や「頑張っている人」などで「~な」「~している」というようなフレーズを作ることができます。

動詞・形容詞の連体形はコチラ

www.yuki0918kw.com

www.yuki0918kw.com


韓国語には動詞と形容詞の他に、存在詞と指定詞という文法上の分類があります。
動詞や形容詞とは違った活用方法なので注意が必要です。

指定詞の連体形

まず、指定詞は『이다(~である)』と、反対の意味を表す『아니다(~でない)』の2語となります。

指定詞は、形容詞(パッチム無)とほぼ同じ活用方法です。(一部特殊な場合を除く)

連体形(進行)

語幹の「다」を外し【ㄴ】を付けます。

  • 이다→인(~である)
  • 아니다→아닌(~でない)

 

活用例

학생인~(学生である)
학생이 아닌~(学生ではなく)

連体形(過去)

語幹の「다」を外し【던】を付けます。

  • 이다→이던(~だった)
  • 아니다→아니던(~ではなかった)

 

活用例

친구이던 ~(友達だった)
친구가 아니던~(友達ではなかった)

連体形(未来)

語幹の「다」を外し【ㄹ】を付けます。

  • 이다→일(~だろう)
  • 아니다→아닐(~ではないだろう)

※未来・可能・推量を表します。

 

活用例

대설일 거다(大雪だろう)
대설이 아닐 거다(大雪ではないだろう)

存在詞の連体形

存在詞は『있다(ある・いる)』と反対の意味を表す『없다(ない・いない)』の2語のみです。
また「있다・없다」がつく形容詞も同じ活用方法となります。

連体形(進行)

語幹の「다」を外し【는】を付けます。

  • 있다→있는(ある・いる~)
  • 없다→없는(ない・いない~)

 

活用例

맛있는~(美味しい~)
맛없는~(まずい~)

連体形(過去)

語幹の「다」を外し【던】を付けます。

  • 있다→있던(あった・いた~)
  • 없다→없던(なかった・いなかった~)

 

活用例

재미있던~(面白かった~)
재미없던~(面白くなかった~)

連体形(未来)

語幹の「다」を外し【을】を付けます。

  • 있다→있을(ある・いるだろう)
  • 없다→없을(ない・いないだろう)

※未来・可能・推量を表します。

 

活用例

할 수 있을 거다(できるだろう)
할 수 없을 거다(できないだろう)

存在詞の注目ポイント

存在詞「있다・없다」は、動詞と形容詞の中間的なルールとなります。
そのため少し複雑に感じるときがあります。

例えば「かっこいい人」と言いたい場合。
「かっこいい」は、形容詞です。
連体形にするとき、形容詞の語幹は【ㄴ / 은】となりますが、『멋있다』のように存在詞の「있다」が付いているときは、動詞の連体形(進行)の【는】となるわけです。

『멋있는 사람』で「かっこいい人」というフレーズになります。
類義語の「素敵な人」だと『멋진 사람』ということですね。

あとがき

あまり深く考えるとこんがらがっちゃうので...動詞・形容詞・指定詞・存在詞、別々に丸暗記するのがよいかと思います。

韓国ドラマで「아닌 것 같아」とかってよく耳にしますが、いわゆる「違うと思う」と訳せます。直訳なら「違うことみたい」となります。

ではでは、いろんな例文を作成してみてくださいね。あんにょん。