ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

ヘラ体とハラ体の違い【해라/하라】口語・文語の命令形まとめ

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。

今回は、ヘラ体?ハラ体何が違うの?…を、簡単に説明いたします。
基本的には〖ヘラ体:口語〗〖ハラ体:文語〗でよく用いられます。ハラ体は、口語でも用いることができますが基本日常会話では用いません。では、確認していきましょう。

f:id:yukik8er:20211029141547j:plain

ヘラ体とハラ体

ヘラ体:特定の相手に向かって命令する。
「行け!」「食べろ!」「早くしろ!」など。
・動詞語幹+아라/어라

ハラ体:相手は特定しない。間接的に行動を促す。
「食事せよ」「勉強せよ」「夢を見よ」など。
・動詞語幹+(으)라

活用例 比較

  ヘラ体 ハラ体
오다 와라 오라
来い 来い
먹다 먹어라 먹으라
食べろ 食せよ
공부하다 공부해라 공부하라
勉強しろ 勉強せよ


単語によってはヘラ体・ハラ体同じ訳になることもあります。
例えば「来る」という単語の場合…

  • 여기로 와라
  • 여기로 오라

どちらも同じ「ここに来い」という意味ですが、ヘラ体は特定の誰か・ハラ体は不特定多数の人達に向けて使います。
「팬들, 여기로 오라!」という文は、ファンのみなさんここに集まれという意味になります。

例文

  • 적은씩 먹어라(少しずつ食べろ)
  • 적은씩 먹으라(少しずつ食せよ)

※ハラ体の訳はヘラ体と同じでも構いません。

  • 빨리 치워라(早く片付けろ)
  • 실패해서도 꿈을 꾸라(失敗しても夢を見よ)※「見ろ」可
  • 드라마 "응답하라" 가 좋아요(ドラマ「応答せよ」が好きです)

あとがき

いかがでしょうか?理解できましたか?
とりあえず、どちらも命令形で口語と文語の違いと覚えておきましょう。

では、このへんで。

スポンサーリンク