ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の助詞「より」「さらに」とは?【보다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「より」「さらに」について勉強しましょう。

「見る」という単語でもある【보다】ですが、助詞としても使用しますので、例文をご確認ください。

f:id:yukik8er:20190922182607j:plain

解説

【보다】
読み:ボダ
発音:po-da


意味は、助詞で「~より」「さらに」となります。

何かを比較して説明するときに使用します。
「~より」の訳す場合は【名詞+보다】という形になります。
「私より~」「姉より妹が~」「犬より猫派です」など。

また、「さらに難しくなっていた」や「さらに優秀です」という文章でも使用できます。

比較を表すので、副詞の【;もっと】を入れることが多いです。
「昨日より、今日の方がもっと暑いです」など。

例文

・나보다 뚱뚱합니다.
読み:ナボダ ットゥンットゥンハムニダ
訳:私より太っています。

・개보다 고양이를 좋아합니다.
読み:ケボダ コヤンイルル チョアハムニダ
訳:犬より猫が好きです。

・보다 우수한 인물입니다.
読み:ボダ ウスハン インムリムニダ
訳:さらに優れている人物です。

・어제보다 오늘이 더 더워요!
読み:オジェボダ オヌリ ト トゥォヨ
訳:昨日より、今日がもっと暑いです!

あとがき

ではでは、比較助詞でした~。
皆さんも比較対象を見つけて、文章を作ってみてください。

ネイルバ~。

スポンサーリンク