ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

名詞の過去形「~だった」を学ぼう【이었다/였다】

この記事をシェアする

みなさま、こんにちは。
今回は、名詞の過去形を覚えましょう。

「猫だった」「先生でした」というような名詞の後ろにつける過去の文法を紹介します。ぜひ、一読ください。

解説

【-이었다】
読み:(イ)オッタ

パッチムありの名詞につけます。

【-였다】
読み:ヨッタ

パッチムなしの名詞につけます。

ハムニダ体

【-이었습니다】パッチムあり
読み:(イ)オッスmニダ

【-였습니다】パッチムなし
読み:ヨッスmニダ

丁寧な言葉です。訳は「~でした」となります。

ヘヨ体

【-이었어요】パッチムあり
読み:(イ)オッソヨ

【-였어요】パッチムなし
読み:ヨッソヨ

ハムニダ体よりは、くだけた印象の丁寧語です。「~でした」と訳されます。

パンマル

【-이었어】パッチムあり
読み:(イ)オッヨッソ

【-였어】パッチムなし
読み:ヨッソ

親しい間柄や目下の方へ使用します。「~だったよ」と訳されます。

例文

・예쁜 사진이었어.
訳:綺麗な写真だったよ。

・재미있는 만화였습니다.
訳:面白い漫画でした。

・수업은 무슨 요일이었어요?
訳:授業は、何曜日でしたか?

・어제는 데이트였어요!
訳:昨日は、デートでした!

あとがき

いろんな名詞の後に付けてみてください。パッチムの有無を確認して付けるだけなので簡単ですね!

では、このへんで。あんにょんはせよ。

スポンサーリンク