ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「振る」とは?【젓다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「振る」について勉強しましょう。

「腕を振る」「首を振る」などで使える単語です。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190115150528j:plain

解説

【젓다】
読み:チョッタ
発音:chŏt-tta

意味は、動詞で「振る」です。

他に「かき混ぜる」「漕ぐ」という意味もあります。

類義語

【흔들다】揺らす(振る)
読み:フンドゥルダ
※「手(首)を振る」など

【치다】打つ(振る)
読み:チダ
※テニスのラケットを振ると訳せます。

【차다】(異性を)フル
読み:チャダ

【던지다】投げる(振る)
読み:トンジダ
※「サイコロを振る」など

【뿌리다】振りかける
読み:プリダ
※「塩をふる」など

現在形

【젓습니다】振ります(ハムニダ体)
読み:チョッスムニダ

【저어요】振ります(ヘヨ体)
読み:チョオヨ

【저어】振るよ(パンマル)
読み:チョオ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【저었다】振った
読み:チョオッタ

【저었습니다】振りました(ハムニダ体)
読み:チョオッスムニダ

【저었어요】振りました(ヘヨ体)
読み:チョオッソヨ

【저었어】振ったよ(パンマル)
読み:チョオッソ

意志形

【젓겠다】振る
読み:チョッケッタ

【젓겠습니다】振ります(ハムニダ体)
読み:チョッケッスムニダ

【젓겠어요】振ります(ヘヨ体)
読み:チョッケッソヨ

【젓겠어】振るよ(パンマル)
読み:チョッケッソ

これから「~です・ます」と伝えるときに使用。
主観的意志「振るつもり」というイメージ

現在進行形

【젓고 있다】振っている
読み:チョッコ イッタ

【젓고 있습니다】振っています(ハムニダ体)
読み:チョッコ イッスムニダ

【젓고 있어요】振っています(ヘヨ体)
読み:チョッコ イッソヨ

【젓고 있어】振っているよ(パンマル)
読み:チョッコ イッソ

過去進行形

【젓고 있었다】振ってていた
読み:チョッコ イッソッタ

【젓고 있었습니다】振っていました(ハムニダ体)
読み:チョッコ イッソッスムニダ

【젓고 있었어요】振っていました(ヘヨ体)
読み:チョッコ イッソッソヨ

【젓고 있었어】振っていたよ(パンマル)
読み:チョッコ イッソッソ

否定形

【젓지 않다】振らない
読み:チョッチ アンタ

疑問形

【젓습니까?】振りますか?
読み:チョッスムニッカ?

願望形

【젓고 싶다】振りたい
読み:チョッコ シプタ

依頼形

【저어주세요】振ってください
読み:チョオジュセヨ

命令形

【저으십시오】振ってください
読み:チョウシプシオ

【저으세요】振ってください
読み:チョウセヨ
※「振りなさい」でも可

【저어라】振れ
読み:チョオラ

勧誘形

【저읍시다】振りましょう
読み:チョウプシダ

【젓자】振ろう
読み:チョッチャ

仮定形

【저으면】振れば
読み:チョウミョン

例文

・팔을 저으며 걸었어요.
読み:パル チョウミョ コロッソヨ
訳:腕を振りながら歩きました

・싫다고 고개를 가로 젓고 있었어.
読み:シダゴ コゲル カロ チョッコ イッソッソ
訳:嫌だと、首を横に振っていたよ

あとがき

走るときなどに「腕を振る」などで使えますね。
「手を振る」は『흔들다』を使うので、間違えないようにしましょう。

では、このへんで。とばよ。

スポンサーリンク