ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の助詞「~にしては」とは?【치고】意味・活用方法

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「〜にしては」について勉強しましょう。

「お母さんにしては珍しいね」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200830172538j:plain

解説

【치고】
読み:チゴ
発音:chi-go

意味は「~にしては」「〜でも」となります。
『치고는』と助詞の "는" を付けた方が活用しやすいです。

パッチムの有無に関係なく名詞の語幹に付けるだけです。

他活用

【치고서는】~としては
読み:チゴソヌン

例文

・어머니치고는 드문 일입니다.
読み:オモニチゴヌン トゥムン イリムニダ
訳:お母さんにしては珍しいことです。

・일본인치고는 한국어를 잘해요.
読み:イボニンチゴヌン ハングゴル チャレヨ
訳:日本人にしては、韓国語が上手だよ。

・선배치고는 실패하내요!
読み:ソンベチゴヌン シペハネヨ
訳:先輩でも失敗するんですね!

・애들 치고는 잘하는 것 같은데요.
読み:イェドゥ チゴヌン チャラヌン ゴッカトゥンデヨ
訳:この子たちにしては、上手だと思うんだけど。
※直訳は「子供たちにしては~」となります。

・입사 시험치고는 문제가 쉬운 편이에요?
読み:イサシホチゴヌン ムンジェガ シュィウン ピョニエヨ?
訳:入社試験としては問題が易しい方ですか?

あとがき

使い方は、特に難しくないので覚えてどんどん活用していきましょう!

それでは、このへんで。
アンニョン!

スポンサーリンク