ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「痛がる」とは?【아파하다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「痛がる」について勉強しましょう。

「めちゃ痛がってるよ!」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200302110703j:plain

解説

【아파하다】
読み:アパハダ
発音:a-pa-ha-da

意味は、動詞で「痛がる」となります。

現在形

【아파합니다】痛がります(ハムニダ体)
読み:アパハムニダ

【아파해요】痛がります(ヘヨ体)
読み:アパヘヨ

【아파해】痛がるよ(パンマル)
読み:アパヘ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【아파했다】痛がった
読み:アパヘッタ

【아파했습니다】痛がりました(ハムニダ体)
読み:アパヘッスムニダ

【아파했어요】痛がりました(ヘヨ体)
読み:アパヘッソヨ

【아파했어】痛がったよ(パンマル)
読み:アパヘッソ

推量形

【아파하겠다】痛がる
読み:アパハゲッタ

【아파하겠습니다】痛がります(ハムニダ体)
読み:アパハゲッスムニダ

【아파하겠어요】痛がります(ヘヨ体)
読み:アパハゲッソヨ

【아파하겠어】痛がるよ(パンマル)
読み:アパハゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【아파하고 있다】痛がっている
読み:アパハゴ イッタ

【아파하고 있습니다】痛がっています(ハムニダ体)
読み:アパハゴ イッスムニダ

【아파하고 있어요】痛がっています(ヘヨ体)
読み:アパハゴ イッソヨ

【아파하고 있어】痛がっているよ(パンマル)
読み:アパハゴ イッソ

過去進行形

【아파하고 있었다】痛がっていた
読み:アパハゴ イッソッタ

【아파하고 있었습니다】痛がっていました(ハムニダ体)
読み:アパハゴ イッソッスムニダ

【아파하고 있었어요】痛がっていました(ヘヨ体)
読み:アパハゴ イッソッソヨ

【아파하고 있었어】痛がっていたよ(パンマル)
読み:アパハゴ イッソッソ

否定形

【아파하지 않다】痛がらない
読み:アパハジ アンタ

疑問形

【아파했습니까?】痛がりましたか?
読み:アパヘッスムニッカ?

仮定形

【아파하면】痛がれば
読み:アパハミョン

例文

・엄청 아파하고 있어! 
読み:オチョン アパハゴ イッソ
訳:めちゃ痛がってるよ!

・주사는 아파했습니까?
読み:チュサヌン アパヘッスムニッカ?
訳:注射は痛がりましたか?

あとがき

注射嫌いな人いますよね...。

私、全然痛くなくて怖くないんですけど...子供の頃、予防接種で泣いている子を白い目で見ていたのを思い出します。

すみません。。。

ではでは!!

スポンサーリンク