ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「どうしたの?」とは?【왜 이래?他】使い方をマスターしよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「どうしたの?」について勉強しましょう。

韓国語の「どうしたの?」は、何パターンかあります。
解説もつけてまとめますので、一読くださいませ。

解説

韓国語の「どうしたの?」は、下記のような仕組みとなります。

【왜】
読み:ウェ
発音:waeː

意味は「なんで」となります。

"왜 + 〇〇?" で「どうしたの?」というフレーズを作ります。

【웬】
読み:ウェン
発音:weːn

意味は「どんな」「何という」となります。

"웬"+일이다(事だ)" を疑問形にすると、何が起きたのか?というニュアンスの「どうしたの」というフレーズを作ります。

「どうしたの?」活用

【왜 이래?】
読み:ウェイレ?

【왜 그래?】
読み:ウェグレ?

直訳すると「なぜ、こうなの?」「なぜ、そうなの?」となります。
どちらを使っても「どうしたの?」という意味で使用できます。

韓国の方は、特に使い分けはしていないそうです。
ポジティブなときでも、ネガティブなときでも使用します。

【왜 저래?】

この「ウェジョレ?」のみ、ちょっと使い方が異なります。
騒動が起きていたり、良くない状況を見て…「えっ?なんなの?」といった怪訝な顔をして用いることが多いです。

「どうしたの?」活用②

【웬일이세요?】
読み:ウェンニリセヨ?

【웬일이에요?】
読み:ウェンニリイエヨ?

【웬일이야?】
読み:ウェンニリヤ?

意味は「どうされましたか?」「どうしましたか?」「何事なの?」ということです。

連音化ではなく、ㄴ添加で発音します。

あとがき

状況が分からなくて「どうしたの?」と質問することはたくさんあると思います。ぜひ、覚えて活用したいですね。

では、このへんで。

スポンサーリンク