ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「(お金が)かかる」とは?【들다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語でお金が「かかる」について勉強しましょう。

「かかる」という単語は他にもありますので、解説をご確認ください。

f:id:yukik8er:20191008192534j:plain

解説

【들다】
読み:トゥ
発音:tŭl-da


意味は、動詞でお金が「かかる」となります。
他にも「入る」や「取る」「増える」などの訳でもあります。

この【들다】は、お金が「かかる」以外の「かかる」は使用できません。

類義語

【걸치다】かかる
読み:コチダ
※「虹が空にかかる」など。

【걸리다】かかる
読み:コリダ
※「時間がかかる」など。

【달리다】かかる
読み:タリダ
※「人生がかかる」など。

【잠기다】かかる
読み:チャギダ
※「鍵がかかる」など。

現在形

【듭니다】掛かります(ハムニダ体)
読み:トゥムニダ

【들어요】掛かります(ヘヨ体)
読み:トゥロヨ

【들어】掛かるよ(パンマル)
読み:トゥロ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【들었다】掛かった
読み:トゥロッタ

【들었습니다】掛かりました(ハムニダ体)
読み:トゥロッスムニダ

【들었어요】掛かりました(ヘヨ体)
読み:トゥロッソヨ

【들었어】掛かったよ(パンマル)
読み:トゥロッソ

推量形

【들겠다】掛かる
読み:トゥゲッタ

【들겠습니다】掛かります(ハムニダ体)
読み:トゥゲッスムニダ

【들겠어요】掛かります(ヘヨ体)
読み:トゥゲッソヨ

【들겠어】掛かるよ(パンマル)
読み:トゥゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【들고 있다】掛かっている
読み:トゥゴ イッタ

【들고 있습니다】掛かっています(ハムニダ体)
読み:トゥゴ イッスムニダ

【들고 있어요】掛かっています(ヘヨ体)
読み:トゥゴ イッソヨ

【들고 있어】掛かっているよ(パンマル)
読み:トゥゴ イッソ

過去進行形

【들고 있었다】掛かっていた
読み:トゥゴ イッソッタ

【들고 있었습니다】掛かっていました(ハムニダ体)
読み:トゥゴ イッソッスムニダ

【들고 있었어요】掛かっていました(ヘヨ体)
読み:トゥゴ イッソッソヨ

【들고 있었어】掛かっていたよ(パンマル)
読み:トゥゴ イッソッソ

否定形

【들지 않다】掛からない
読み:トゥジ アンタ

疑問形

【들었습니까?】掛かりましたか?
読み:トゥロッスムニッカ?

仮定形

【들면】掛かれば
読み:トゥミョン

例文

・학비에 돈이 들고 있습니다!
読み:ハクビエ トニ トゥゴ イッスムニダ
訳:学費にお金が掛かっています!

・너무 돈이 들었어요.
読み:ノム トニ トゥロッソヨ
訳:とてもお金がかかりました。

あとがき

いろんな意味を持つ単語ですので、前後の単語で何を指しているか理解する必要があります。
お金関係の単語があれば、「かかる」という訳になると覚えておきましょう!!

では、このへんで~。
またね~。

スポンサーリンク