スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、過去の出来事を回想して相手に伝えたいときに使用する単語を紹介します。

「すごく面白い映画だったんだよ」というような文章で活用できます。
ぜひ、ご確認ください!

スポンサーリンク

解説

【-더라(고)】
読み:トラ(ゴ)
発音:teo-ra(-go)

過去の自身の経験を回想して「~だったよ」や「~かったよ」と表現するときに使用する。

「ロンドンは旅行中、ほぼ雨が降っていたんだよ」
「冬のソウルは極寒だったよ」など

自問自答(独り言)でも用いることができます。

活用方法

パッチム有無に関係なく、動詞/形容詞の語幹につけるだけです。
丁寧な言葉にしたいときは "-더라고요" となり「~だったんですよ」と訳します。

例文

・겨울 서울은 극한의 추위였더라고요!
訳:冬のソウルは極寒だったんですよ!
※「極限の寒さ=극한의 추위」

・그 가게 이름이 뭐였더라?
訳:あの店の名前、なんだったけな?

あとがき

普通の過去形を使ってもいいのですが、韓国ドラマでも結構耳にする単語ですので記事にしてみました。
いろんなパターンで例文を作ってご活用ください。

ではでは、このへんで。アンニョン!

スポンサーリンク
おすすめの記事