ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語文法「~だったよ」とは?【~더라고】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の文章を作るときに「~だったよ」と回想して相手に伝えたいときに使用する単語を紹介します。

活用例文も、ぜひご確認ください!

f:id:yukik8er:20190922172623j:plain

解説

【~더라(고)】
読み:トラ(ゴ)
発音:tŏ-ra(go)


自身の経験も用いて話をする際に「~だったよ」や「~かったよ」という文章のときに使用する。

「ロンドンは旅行中、ほぼ雨が降っていたよ」
「冬のソウルは極寒だったよ」など

活用方法

パッチム有無に関係なく、動詞・形容詞の語幹に【더라(고)】をつけるのみです。
有声音化で「ドラ(ゴ)」と発音する場合もあります。

敬語にしたいときは『더라고となり「~だったんですよ」と訳します。

疑問形にしたい場合は、【더라고】は使えません。
(고)を外し、【더라?】と使います。
何故なら、自身が経験したことを、まだ話したことない相手に話すのに、相手に質問しても分からないですよね?
自身に問いかけるときに「あれ、なんだったっけな?」という文章で使います。
いわゆる、独り言です。

例文

・겨울 서울은 극한의 추위였더라고요!
読み:キョウル ソウルン クカヌィ チュゥィヨットラゴヨ
訳:冬のソウルは極寒だったんですよ!
※「極限の寒さ=극한의 추위」

・그 가게 이름이 뭐였더라?
読み:ク カゲ イルミ ムォヨットラ?
訳:あの店の名前、なんだったけな?

あとがき

普通の過去形を使ってもいいのですが、韓国ドラマでも結構耳にする単語ですので記事にしてみました。
いろんなパターンで例文を作ってご活用ください。

ではでは、このへんで。アンニョン!

スポンサーリンク