ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「広げる」とは?【펴다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「広げる」について勉強しましょう。

訳が他にもある単語なので、解説をご確認ください。

f:id:yukik8er:20190213135208j:plain

解説

【펴다】
読み:ピョダ
発音:pyŏ-da

意味は、動詞で「広げる」となります。
他に「伸ばす」「開く」という訳でもあります。

例えば【腕】という名詞から、すべての訳が可能です。
「腕を広げる」「腕を伸ばす」「腕を開く」この場合、韓国語だとすべて同じ文章になってしまいます。

『腕を大きく広げる』『腕をまっすぐ伸ばす』『反るように腕を開く』など、一言加えることで相手に伝えることができます。

現在形

【폅니다】広げます(ハムニダ体)
読み:ピョムニダ

【펴요】広げます(ヘヨ体)
読み:ピョヨ

【펴】広げるよ(パンマル)
読み:ピョ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【폈다】広げた
読み:ピョッタ

【폈습니다】広げました(ハムニダ体)
読み:ピョッスムニダ

【폈어요】広げました(ヘヨ体)
読み:ピョッソヨ

【폈어】広げたよ(パンマル)
読み:ピョッソ

意志/推量形

【펴겠다】広げる
読み:ピョゲッタ

【펴겠습니다】広げます(ハムニダ体)
読み:ピョゲッスムニダ

【펴겠어요】広げます(ヘヨ体)
読み:ピョゲッソヨ

【펴겠어】広げる(パンマル)
読み:ピョゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【펴고 있다】広げている
読み:ピョゴ イッタ

【펴고 있습니다】広げています(ハムニダ体)
読み:ピョゴ イッスムニダ

【펴고 있어요】広げています(ヘヨ体)
読み:ピョゴ イッソヨ

【펴고 있어】広げているよ(パンマル)
読み:ピョゴ イッソ

過去進行形

【펴고 있었다】広げていた
読み:ピョゴ イッソッタ

【펴고 있었습니다】広げていました(ハムニダ体)
読み:ピョゴ イッソッスムニダ

【펴고 있었어요】広げていました(ヘヨ体)
読み:ピョゴ イッソッソヨ

【펴고 있었어】広げていたよ(パンマル)
読み:ピョゴ イッソッソ

否定形

【펴지 않다】広げない
読み:ピョジ アンタ

疑問形

【폅니까?】広げますか?
読み:ピョムニッカ?

願望形

【펴고 싶다】広げたい
読み:ピョゴ シプタ

依頼形

【펴주세요】広げてください
読み:ピョジュセヨ

命令形

【펴십시오】広げてください
読み:ピョシプシオ

【펴세요】広げてください
読み:ピョセヨ
※「広げなさい」でも可

【펴라】広げろ
読み:ピョラ

勧誘形

【폅시다】広げましょう
読み:ピョプシダ

【펴자】広げよう
読み:ピョジャ

仮定形

【펴면】広げれば
読み:ピョミョン

例文

・앵무새가 날개를 펴고 있다.
読み:エンムセガゲル ピョゴ イッタ
訳:オウムが翼を広げている。

あとがき

「新聞紙を広げる」や「傘を広げる」でも活用できそうですね。
散らかるというニュアンスの広げるではありませんので、ご注意ください。

ではでは、このへんで。

スポンサーリンク