ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の副詞「先ほど・ついさっき」とは?【방금】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「先ほど」「ついさっき」について勉強しましょう。

類義語【아까】との使い分けもまとめていますので、一読ください。

f:id:yukik8er:20190920082736j:plain

解説

【방금】
読み:パングム
発音:pang-gŭm

少し前のことを説明するときに使用する単語です。
「ついさっき」「たった今」「今しがた」という訳になります。

類義語

【아까】さっき
読み:アッカ

ほぼ同じ訳となる【아까】は、「さっき」という意味です。
違いは時間の間隔です。

例えば、友人が帰ったことを伝えるとき
【방금】は「ついさっき帰ったよ」5分前など
【아까】は「先ほど帰りましたよ」30分前など
大げさに言うとこんな感じです。
人によって時間の感覚は様々なので15分前でも【방금】を使う人もいれば【아까】を使う人もいると思うので、そのへんは臨機応変に!!

例文

・방금 전까지 있었어.
読み:パング チョンッカジ イッソッソ
訳:ついさっきまでいたよ。
※전까지で「前まで」という意味になるそうです。

・방금 막 돌아온 참입니다.
読み:パング トラオン チャミムニダ
訳:今しがた帰ってきたところです。
※방금 막で「今しがた」とも言うようです。

・방금 전까지 비가 내리고 있었습니다!
読み:パング チョンッカジ ピガ ネリゴ イッソッスムニダ
訳:先ほどまで雨が降っていました!

・어?그는 방금 돌아갔어.
読み:オ?クヌン パング トラガッソ
訳:あれ?彼は、たった今帰ったよ。

あとがき

副詞はいっぱい覚えておくといいと思います。
たくさん例文が作れます。

【방금】もいろんなパターンで例文を作ってみてください。
それでは、このへんで~。

スポンサーリンク