スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「じっとする」について勉強しましょう。

「じっとしていました」という文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。


スポンサーリンク

解説

【가만있다】
読み:カマニッタ
発音:ka-ma-nit-tta

意味は、動詞で「じっとしている」「黙っている」となります。

いわゆる、静かにして欲しいときや、落ち着いてじっとしていて欲しいときに命令形で使われます。

過去形

【가만있었다】じっとしていた
読み:カマニッソッタ

【가만있었습니다】じっとしていました(ハムニダ体)
読み:カマニッソッスmニダ

【가만있었어요】じっとしていました(ヘヨ体)
読み:カマニッソッソヨ

【가만있었어】じっとしていたよ(パンマル)
読み:カマニッソッソ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

命令形

【가만있어요】じっとしてください
読み:カマニッソヨ

【가만있어】じっとしてよ
読み:カマニッソ

※「じっとしています」という文でも使えますが、実際の使用方法は命令形です。

独り言 活用

感嘆詞的に用いられ、独り言の「ちょっと、待てよ?」「はて?」「えっと」みたいな記憶や考えが急に思い出せない時に用いられる。

【가만있자】
読み:カマニッチャ

【가만있거라】
読み:カマニッコラ

【가만있어라】
読み:カマニッソラ

少し優しい表現

【가만있어 봐】
読み:カマニッソ バァ

'-봐' を付けると優しい命令形になります。
直訳は、「じっとしてみて」となり、イメージ的には「静かにしてくれる?」みたいなニュアンスとなります。

例文

・제발 잠시만 가만있어 달라고 했어.
訳:どうかしばらく黙ってくれと言った。

・뭘 모르면 가만있어.
訳:何も分からないなら黙ってろ。

あとがき

過去形で使用するときは、「静かにしていた」というニュアンスで用いることができると思います。いろんな例文を作ってみましょう。

では、また!

おすすめの記事