ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「じっとする」とは?【가만있다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「じっとする」について勉強しましょう。

韓国ドラマでよく耳にする「カマンイッソ!」どういう場面で使われるかもご説明いたします。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20181206155917j:plain

解説

【가만있다】
読み:カマンイッタ
発音:ka-ma-nit-tta

意味は、動詞で「じっとしている」「黙っている」となります。

いわゆる、静かにして欲しいときや、落ち着いてじっとしていて欲しいときに命令形で使われます。

【가만히】は、副詞で「じっと」「おとなしく」となります。

命令 現在形

【가만있어요】じっとしてください(ヘヨ体)
読み:カマンイッソヨ

【가만있어】じっとしてよ(パンマル)
読み:カマンイッソ

※「じっとしています」という文でも使えると思うが、実際の使用方法は命令形です。

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

補足

【가만히 있어】
読み:カマニ イッソ

副詞の『가만히』を使う場合もあります。
意味は同じで「黙ってて」「おとなしくしてて」となります。
実際、韓国ドラマでは「カマンイッソ」なのか「カマニイッソ」なのか、聞き取れないことがありますが、意味は同じです!

過去形

【가만있었다】じっとしていた
読み:カマンイッソッタ

【가만있었습니다】じっとしていました(ハムニダ体)
読み:カマンイッソッスムニダ

【가만있었어요】じっとしていました(ヘヨ体)
読み:カマンイッソッソヨ

【가만있었어】じっとしていたよ(パンマル)
読み:カマンイッソッソ

※あまり活用されないが、過去形の形で使う場合は、過去の状況で用いる。
「私は、黙っていたよ」「彼は、静かにしていました」など。

独り言活用

感嘆詞的に用いられ、独り言の「ちょっと、待てよ?」「はて?」「えっと」みたいな記憶や考えが急に思い出せない時に用いられる。

【가만있자】
読み:カマンイッチャ

【가만있거라】
読み:カマンイッコラ

【가만있어라】
読み:カマンイッソラ

少し優しい表現

【봐】を付けると優しい命令形になります。

【가만있어 봐】
読み:カマンイッソ バァ

直訳は、「じっとしてみて」となり、イメージ的には「静かにして待っててくれる?」みたいなニュアンスとなります。

例文

・가만있자, 네가 누구더라?
読み:カマンイッチャ ニガ ヌグドラ?
訳:ちょっと待って、君は誰でしたっけ?
※「네가』は、ネガではなく『ニガ』で発音した方が良いです!

・아무것도 모르면 가만있어!
読み:アムゴット モルミョン カマンイッソ
訳:何にも分からないんだったら黙ってろ

あとがき

結構キツイ命令形なのですが、ちょっと静かにしてて、おとなしくしててと言いたいときに使えます。

基本は、パンマルで目下や同等の相手にしか用いません。

韓国ドラマで耳にしたときは、あ!命令した(; ・`д・´)!!と思いながらご視聴くださいませ~。

では、またね!!

スポンサーリンク