ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「全部」とは?【전부】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「全部」について勉強しましょう。

類義語の【모두】【다】の使い分けもまとめていますので、ぜひ一読ください。

f:id:yukik8er:20191008214316j:plain

解説

【전부】
読み:チョンブ
発音:chŏn-bu


漢字語で意味は「全部」です。
「全部です」や「全部でいくらですか?」というような日本語と同じような使い方で問題ありません。

類義語

【모두】すべて・全部・みんな
読み:モドゥ

【모두】は、数えられる「すべて」となります。
学校の授業で「ここにある問題をすべて解きなさい」というときなどに使用する。
抽象的なものは表せない。『愛』や『心』『気持ち』など。


【다】すべて・全部・みんな
読み:タ

【다】も「全部」と訳しますが、数えられないものに用います。
「愛がすべて」「気持ち、全部持っていかれた」「君のことはすべて分かっている」など、抽象的なものを表すときに用います。
また「その噂、みんな知ってるよ」など、「すべて」の数が分からないときに使用します。

例文

・전부 얼마예요?
読み:チョンブ オルマエヨ?
訳:全部でいくらですか?

・짐을 전부 내주세요.
読み:チム チョンブ ネジュセヨ
訳:荷物をすべて出してください。

・전부 거짓말입니다!
読み:チョンブ コジンマリムニダ
訳:全部、嘘です!

・이걸로 전부입니다.
読み:イゴルロ チョンブイムニダ
訳:これで全部です。

あとがき

「全部、ありますか?」や「全て、やってください」など、いろんな例文を作ってみましょう!

ではでは、このへんで~。
ネイルバヨ~!!

スポンサーリンク