ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の助詞「~でも」とは?【라도・나】意味・活用方法

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~でも」について勉強しましょう。

「コーヒーでも飲むか」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200830170554j:plain

解説

【라도】
読み:-ラド
発音:-la-do

意味は「~でも」となります。
ないよりはマシだ!というときに用いる助詞です。

また「~であっても」という仮定の表現でも活用できます。


【나】
読み:-ナ
発音:-na

「~でも」以外にも羅列や選択の意味を表す「~か」「~で」という助詞での活用もあります。

両方ともパッチム有の名詞のあとに付く場合は『이라도』『이나』となります。

2つの単語の活用例

意味 라도活用 나活用
何でも 아무라도 아무나
誰でも 누구라도 누구나
どこでも 어디라도 어디나
いつでも 언제라도 언제나
どちらでも 어느라도 어느나

例文

・일단 바나나라도 먹어라.
読み:イタン バナナラド モゴラ
訳:とりあえずバナナでも食べてなさい。

・사과 먹을까요?
読み:サグァナ モグッカヨ?
訳:りんごでも食べますか?

・먼저 마실 거라도 시킬까요?
読み:モンジョ マシ コラド シキッカヨ?
訳:先に飲み物でも頼みますか?

・그냥 커피 마시자.
読み:クニャン コピナ マシジャ
訳:まぁ、コーヒーでも飲もう。

※その例文も「라도」「나」、どちらを使っても同じ訳となります。

あとがき

「お茶でも飲んで待ってますか?」など、普段の生活でも活用できそうですね。
いろんな例文を作ってみてください。

では、アンニョン!

スポンサーリンク