ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の助詞「~でも」とは?【든지】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の助詞「~でも」について勉強しましょう。

「焼肉でも寿司でも何でもいいよ」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20201224212053j:plain

解説

【-든지】
読み:トゥンジ
発音:tŭn-ji

意味は「~でも」となります。
文章によっては「~にも」という訳でも可。
どうでも(何でも)構わないというときに用いる。

縮約して『-든』でも活用できます。

パッチムの無い名詞・副詞に付きます。
パッチムがある場合は【이든지】が付きます。

二つ以上の物事を表すときは「~しようが」「~するか」という連結語尾となります。

活用例

【뭐든지】何でも
読み:ムォドゥンジ

【얼마든지】いくらでも
読み:オマドゥンジ

【어디든지】どこでも
読み:オディドゥンジ

【누구든지】誰でも
読み:ヌグドゥンジ

【언제든지】いつでも
読み:オンジェドゥンジ

例文

・누구든지 쉽게 할 수 있어요.
読み:ヌグドゥンジ シュィプケ ハ ス イッソヨ
訳:誰でも簡単にできます。

・언제든지 좋으니 연락주세요!
読み:オンジェドゥンジ チョウニ ヨチュセヨ
訳:いつでもいいから連絡してください!

・어디든지 데려가 줘.
読み:オディドゥンジ テリョガ ジュォ
訳:どこでも連れて行ってよ。

・케이크라면 얼마든지 먹을 수 있습니다.
読み:ケイクラミョン オマドゥンジ モグス イッスムニダ
訳:ケーキならいくらでも食べられます。

・삼겹살이든 괜찮아.
読み:サギョプサリドゥン クェンチャナ
訳:サムギョプサルでもいいよ。

あとがき

「ラーメンでも食べますか?」とか「誰でも悩みを抱えている」というような例文が作れると思います。
いろんな例文を作ってみましょう。

アンニョ~ン!

スポンサーリンク