ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「寒気/悪寒」とは?【오한】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「寒気」について勉強しましょう。

「少し寒気がします」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200607162725j:plain

解説

【오한】
読み:オハン
発音:o-han

意味は、名詞で「寒気」「悪寒」となります。

類義語

【한기】寒気
読み:ハンギ

活用例

【오한이 나다】寒気がする
読み:オハニ ナダ

【오한이 들다】寒気がする
読み:オハニ トゥ

【오한이 들이닥치다】悪寒がやってくる
読み:オハニ トゥリタチダ

나다 現在形

【오한이 납니다】寒気がします(ハムニダ体)
読み:オハニ ナムニダ

【오한이 나요】寒気がします(ヘヨ体)
読み:オハニ ナヨ

【오한이 나】寒気がするよ(パンマル)
読み:オハニ ナ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

例文

・오한이 들고 목도 아파요.
読み:オハニ トゥゴ モト アパヨ
訳:寒気があって、喉も痛いです。

・갑자기 오한이 들이닥쳤어요 .
読み:カチャギ オハニ トゥリタチョッソヨ
訳:突然、悪寒がやってきました。

・왠지 오한도 있어요.
読み:ウェンジ オハンド イッソヨ
訳:なんだか寒気もします。

・증상은 오한하고 구역질이 있어요.
読み:チュンサンン オハナゴ クヨッチリ イッソヨ
訳:症状は、寒気と吐き気があります。

あとがき

ゾクゾクするような寒気で用います。
風邪気味のときの寒気ですね。

「寒気がする話だね」というような文章では、類義語の『한기』ですかね...。
どちらでも通じるかと思いますが...。

では、アンニョン!