ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「これから」とは?【앞으로】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「これから」について勉強しましょう。

「これから、何するの?」や「これから、どこに行く?」など、例文も作りやすそうですね。
ぜひ、ご活用ください。

f:id:yukik8er:20190917232015j:plain

解説

【앞으로】
読み:アプロ
発音:a-pŭ-ro


未来的な「これから」「今後」となります。
今後・この先など、将来の話をするときに使用するといいと思います。
また、このあとの予定を言うときも用います。

「今から」とは訳しません。

類義語

【지금부터】今から
読み:チグブト
【지금】は、現在を表し「たった今から」という意味で使用されます。
「今から、仕事を開始します」など。

【이제부터】これから・ただいまより
読み:イジェブト
【이제】は「もう」や「もうすぐ」という意味になるそうです。
このあとの用事を言うときに使用します。
「これからライブが始まります」など。

活用例

【앞으로가】これからが
読み:アプロガ

【앞으로는】これからは
読み:アプロヌン

【앞으로도】これからも
読み:アプロド

例文

・앞으로 어떻게 할래?
読み:アプロ オットケ ハレ?
訳:これから、どうする?

・앞으로도 잘 부탁드립니다.
読み:アプロド チャ プッタトゥリムニダ
訳:これからもよろしくお願いいたします。

・앞으로 공부할게요.
読み:アプロ コンブハケヨ
訳:これから勉強します。

・앞으로 주의합시다!
読み:アプロ チュウィハプシダ
訳:これから注意しましょう!

・앞으로 활약이 주목됩니다.
読み:アプロ ファリャギ チュモドゥイムニダ
訳:今後の活躍が注目されます。

・앞으로가 기대됩니다.
読み:アプロガ キデドゥィムニダ
訳:今後が楽しみです。

あとがき

今後の計画を立てるときに使える単語ですね。
いろんな例文を作成してみてください。

ではでは、このへんで。アンニョンハセヨ!