★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語の助詞「~に」とは?【에・에게】使い方を教えて!

スポンサーリンク

여러분 안녕하세요!皆さま、こんにちは。
韓国語の助詞の使い方ですが、今回がラストです。
もし、書き忘れがなければ・・・ですが
「~は・を・が・と・で・の・も」・・・
あと「~に」があれば・・・十分文章作れますよね。
最初の方に「~から」とかも記事にしてるし(/・ω・)/
長かった~・・・www

f:id:yukik8er:20171013231056p:plain

「~に」の使い方

【에】物や場所を指すときに使用

【에게】人や動物など生き物に対して使用

例文

・냄비에 야채를 넣는다.(鍋に野菜を入れた)
読み:ネムビエ ヤチェルル ノンヌンダ

・식물에 물을 주다.(植物に水をあげる)
読み:シンムレ ムルル チュダ

・고양이에게 밥을 주다.(猫にご飯をあげる)
読み:コヤンギエゲ パブル チュダ

・친구에게 편지를 전해 주세요.(友達に手紙を渡してください)
読み:チングエゲ ピョンジルル チョネジュセヨ

※【에게】は、主に文語として使われるとのこと

人に伝える「~に」口語について

【한테】~に
読み:ハンテ

意味は【에게】と同じです。人や動物・生き物に使います。

ちなみに「서」をつけると「~から」という単語になります。
【에게서/한테서】で「〇〇さんから~」という文章を作れます。

例文
소준씨 한테서 들었어요.(ソジュンさんから聞きました)
読み:ソジュンッシ ハンテソ トゥロッソヨ

パッチムの有無は?

この助詞もパッチムの有無関係なく使用できます。
ただ、前にパッチムがあると連音化は必要です。

文語・口語の使い方

人・生き物につける「~に」は
メールなどで使用するときは【에게】会話中は【한테】ではありますが
主に使用ということですので、きっと間違えても意味は通じると思います。
ですが、意識的に切り替える練習は必要です。

基本的な助詞を理解したら
例文を読んでても楽しいと思うので
これから積極的に例文を書いていきたいと思います。

ではでは~。

スポンサーリンク