ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「学ぶ・習う」とは?【배우다】意味を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「学ぶ」「習う」について勉強しましょう。

「基礎を学びます」というような文章を作ることができます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190520000743j:plain

解説

【배우다】
読み:ペウダ
発音:ae-u-da

意味は、動詞で「習う」「学ぶ」「覚える」となります。

他に『배우』で「俳優」という訳にでもあります。

現在形

【배웁니다】学びます(ハムニダ体)
読み:ペウムニダ

【배워요】学びます(ヘヨ体)
読み:ペウォヨ

【배워】学ぶよ(パンマル)
読み:ペウォ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【배웠다】学んだ
読み:ペウォッタ

【배웠습니다】
学びました(ハムニダ体)
読み:ペウォッスムニダ

【배웠어요】学びました(ヘヨ体)
読み:ペウォッソヨ

【배웠어】学んだよ(パンマル)
読み:ペウォッソ

意志/推量形

【배우겠다】学ぶ
読み:ペウゲッタ

【배우겠습니다】
学びます(ハムニダ体)
読み:ペウゲッスムニダ

【배우겠어요】学びます(ヘヨ体)
読み:ペウゲッソヨ

【배우겠어】学ぶよ(パンマル)
読み:ペウゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【배우고 있다】学んでいる
読み:ペウゴ イッタ

【배우고 있습니다】
学んでいます(ハムニダ体)
読み:ペウゴ イッスムニダ

【배우고 있어요】学んでいます(ヘヨ体)
読み:ペウゴ イッソヨ

【배우고 있어】学んでいるよ(パンマル)
読み:ペウゴ イッソ

過去進行形

【배우고 있었다】学んでいた
読み:ペウゴ イッソッタ

【배우고 있었습니다】
学んでいました(ハムニダ体)
読み:ペウゴ イッソッスムニダ

【배우고 있었어요】学んでいました(ヘヨ体)
読み:ペウゴ イッソッソヨ

【배우고 있었어】学んでいたよ(パンマル)
読み:ペウゴ イッソッソ

否定形

【배우지 않다】学ばない
読み:ペウジ アンタ

願望形

【배우고 싶다】学びたい
読み:ペウゴ シプタ

依頼形

【배워 주세요】学んでください
読み:ペウォ ジュセヨ

命令形

【배우십시오】学んでください
読み:ペウシプシオ

【배우세요】学んでください
読み:ペウセヨ
※「学びなさい」でも可

【배워라】学べ
読み:ペウォラ

勧誘系

【배웁시다】学びましょう
読み:ペウプシダ

【배우자】学ぼう
読み:ペウジャ

仮定形

【배우면】学べば
読み:ペウミョン

例文

・한국어를 배우고 있어요.
読み:ハングゴル ペウゴ イッソヨ
訳:韓国語を学んでいます。

・외국어를 배워 있었습니다.
読み:ウェグゴル ペウォ イッソッスムニダ
訳:外国語を習っていました。

あとがき

「韓国語を学んでいます」など、いろんな文章を作る練習をしてみましょう。
活用は「学ぶ」の訳にしてますが「習う」でも構いません。

ではでは、このへんで~。

スポンサーリンク