ハングルマスター

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語で「世渡り上手」とは?【처세를 잘한다】意味を勉強しよう!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「世渡り上手」について勉強しましょう。

「彼女は世渡り上手です」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191031215217j:plain

解説

【처세를 잘한다】
読み:チョセル チャランダ
発音:chŏse-rŭl chal-han-da

意味は「世渡り上手」「八方美人」となります。

韓国語の「八方美人」という単語は『팔방미인』と言いますが、誰にでも良い顔をして上手く世間を渡ってるというような単語は【처세를 잘한다】を用います。

『처세』は漢字語で「処世」です。
いわゆる「世渡り」ということですね。

『잘한다』を付けて「世渡りが上手い」という意味になります。

他 活用

【처세를 잘하는 사람】世渡りが上手い人
読み:チョセル チャラヌン サラ

【처세술이 뛰어난 사람】処世術に優れた人
読み:チョセスリ ットゥィオナン サラ

例文

・처세를 잘하는 사람을 싫어하고 있습니다.
読み:チョセル チャラヌン サラムル シロハゴ イッスムニダ
訳:世渡りが上手い人を嫌っています。

・그 사람은 처세를 잘하니까.
読み:ク サラムン チョセル チャラニッカ
訳:あの人は、世渡りが上手だから。

あとがき

世渡り上手な人っていますよね。
私は、そういう人が苦手です。

訳は、文章によっては「八方美人だ」にしても構いません。
いろんなパターンで例文を作成してみましょう。

ではでは、このへんで。アンニョンハセヨ!

スポンサーリンク