ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「幸い」とは?【다행】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「幸い」について勉強しましょう。

「不幸中の幸いでしたね」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190922144338j:plain

解説

【다행】
読み:タヘン
発音:ta-haeng

意味は、名詞で「幸い」となります。

発音について

発音はt a h e nから「タエン」と聞こえます。
「タエン」と意識して発音してください。

活用例

【다행이다】よかった
読み:タヘンイダ

【다행히】幸いなことに・幸いにも
読み:タヘンギ

【다행스럽게】幸いなことに・幸いにも
読み:タヘンスロ

現在形

【다행하다】幸いだ
読み:タヘンハダ

【다행합니다】幸いです(ハムニダ体)
読み:タヘンハムニダ

【다행해요】幸いです(ヘヨ体)
読み:タヘンヘヨ

【다행해】幸いだよ(パンマル)
読み:タヘンヘ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

例文

・다행히 부상은 없었다.
読み:タへンギ プサンン オソッタ
訳:幸運にも怪我はなかった。

・불행 중 다행.
読み:プレン ジュン タへン
訳:不幸中の幸い。

・다행히 졸업할 수 있었어요.
読み:タへンギ チョロパ ス イッソッソヨ
訳:幸いなことに、卒業することができました。

あとがき

活用例の『다행이다』は、よく会話で使われますが、この記事に関しましては、このような使い方もするよと思っていただければと思います。

ではでは、このへんで~。アンニョン!

スポンサーリンク