ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「もう」「既に」とは?【벌써】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「もう」「既に」について勉強しましょう。

類義語も一緒に解説しますので、ぜひご確認ください。

f:id:yukik8er:20190922131010j:plain

解説

【벌써】
読み:ポッソ
発音:pŏl-ssŏ

意味は、副詞で「もう」「すでに」となります。

まさか、もう終わったの?というような文章で使用するため、「そんなに早く?」というような時間の早さを意識した単語となります。

「もう、帰ったの?」や「もう、到着したの?」という文章のとき。
文章でも使用しますが、驚いて『벌써?』もう?と一言で表現することもあります。

類義語

【이미】もう・すでに
読み:イミ

『벌써』と同じ日本語訳になるが、使用する際のニュアンスが違います。
既に終わっている状態のときに使用する。
完了を意味する単語。

「すでに、帰ったあとだった」や「もう、終わりましたよ」という文章のとき。

例文

・벌써 시간이 이렇게 됐네요.
読み:ポルッソ シガニ イロッケ ドゥンネヨ
訳:もうこんな時間ですね。
※直訳してはいけません!
「時間がこのようになった」という文から、上記の訳となります。

・벌써 왔어?
読み:ポルッソ ワッソ?
訳:もう来たの?

・벌써? 너무 빨라요.
読み:ポルッソ?ノム ッパラヨ
訳:もう?早すぎます。

・결혼하고 벌써 1 년 지났습니다.
読み:キョロナゴ ポルッソ イニョン チナッスムニダ
訳:結婚して、すでに1年経ちました。

あとがき

使い方もそんなに難しくないので、類義語との使い分けのみ覚えておきましょう。
いろんな例文を作ってみてくださいね。

それでは、このへんで。トバヨ~。

スポンサーリンク