ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「なんか」とは?【뭔가】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「なんか」について勉強しましょう。

「なんかいいことないかな~」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

解説

【뭔가】
読み:ムォンガ
発音:mwon-ga

意味は、「なんか」「何か」となります。

'무엇인가' の略です。

注目

似ている単語で '뭔지' があります。「なんか」「なんだか」という意味です。 '뭔지' の後ろにはよく "알다/모르다" がつきます。
「なんだかわかった」「なにがなんなのかわからない」というときに用います。

ほかにも、'어쩐지' '왠지' もあります。
どちらも「なんだか」「なんとなく」という意味です。大きな使いわけはありませんが、'어쩐지' は「どうやら雨が降りそうだ」というような使い方をよくします。

 '왠지' は、自分の意識のないところで用いるようで「なんだか涙が出そう」というような使い方をします。

例文

・근처에 뭔가 표시가 있나요?
訳:近くに何か目印はありますか?

・뭔가 좋은 일이 없을까?
訳:なにかいいことなないかな?

あとがき

似ている言葉が多いと悩みますよね。この '뭔가' は「なにか…ある/ない」というようなときに用いると思っているといいと思います。

では、このへんで。

スポンサーリンク