スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「ただ、何となく」について勉強しましょう。

よく耳にする「クニャン」!!
発音も好きだし、会話の冒頭で使える単語です。解説を確認してください。

スポンサーリンク

解説

【그냥】
読み:クニャンg
発音:keu-nyang

意味は、副詞で「ただ」「何となく」「そのまま」「ありのまま」「意味もなく」「別に」「無料で」「容赦なく」となります。

「ただ」使い分け

【그저】ただ、ただただ
読み:クジョ
※何事もない様「ただ散歩に出掛けた」

【마냥】ただただ、ひたすら
読み:マニャンg
※時間が対象「彼が来るのをただ待っている」

【오직】ただ、ひたすら
読み:オジk
※「唯一」なもの。人・物が対象「ただあなただけ愛してる」

【다만】ただ、単に・ただし
読み:タマン
※他事無く・条件付き「ただ、約束は守って」

活用例

【그냥요】なんとなくです
読み:クニャンgニョ
※丁寧語の場合 "요" をつけてください。

【그냥 친구】ただの友達
読み:クニャンg チング
※友達を恋人と勘違いされたときなどに使用。

【그냥 그렇다】まぁまぁだ
読み:クニャンg クロッタ

例文

・난 그냥 한번 해보고 싶었을 뿐이야.
訳:私はただ一回やってみたかっただけだよ。

・이 물건은 그냥 드리겠습니다.
訳:この品物はただで差し上げます。

・주먹으로 그냥 때렸어요.
訳:こぶしで容赦なく殴りました。

・여기에 그냥 뒀어요.
訳:ここにそのまま置きました。

あとがき

類義語ではないのですが「ただ」で訳せる単語が多いので、きちんと理解して使ってください。

では、またね!!

スポンサーリンク
おすすめの記事