ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「元気」とは?【기운】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「元気」について勉強しましょう。

日本語の『元気?』とは使い方が若干異なるので、ぜひ使い方をご確認ください。

f:id:yukik8er:20191008182934j:plain

解説

【기운】
読み:キウン
発音:ki-un

意味は、名詞で「元気」となります。

日本語の「元気だった?」や「元気出して」という文章の場合、【기운】は使いません。
【기운】を使う場合は、「元気ないけど、どうしたの?」や「元気ないね」という文章の場合のみです。
ネガティブな質問の場合で使用と覚えてください。

ときに【기운해】キウネ と言う場合があります。
「元気出せ」とも訳せますが、「元気でいろ」「落ち込むな」というニュアンスだと思います。

また「気配」「気味」という訳でもあります。

類義語

【지내다】過ごす(暮らす)
読み:チネダ

  • 잘 지냈어요?(元気でした?)
  • 잘 지냈어!(元気でしたよ)


【힘내다】頑張る
読み:ヒムネダ

  • 힘냅시다(元気出しましょう)
  • 힘내세요(元気出してください)


※上記のように「元気」として、用いられます。

元気を出す 現在形

【기운을 내다】
読み:キウヌ ネダ

【기운을 냅니다】元気を出します(ハムニダ体)
読み:キウヌ ネムニダ

【기운을 내요】元気を出します(ヘヨ体)
読み:キウヌ ネヨ

【기운을 내】元気を出すよ(パンマル)
読み:キウヌ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

元気がある

【기운이 있다】
読み:キウニ イッタ

【기운이 있습니다】元気があります(ハムニダ体)
読み:キウニ イッスムニダ

【기운이 있어요】元気があります(ヘヨ体)
読み:キウニ イッソヨ

【기운이 있어】元気があるよ(パンマル)
読み:キウニ イッソ

元気がない

【기운이 없다】
読み:キウニ オ

【기운이 없습니다】元気がありません(ハムニダ体)
読み:キウニ オスムニダ

【기운이 없어요】元気がありません(ヘヨ体)
読み:キウニ オソヨ

【기운이 없어】元気がないよ(パンマル)
読み:キウニ オ

活用例文

・요즘 기운이 없어요?
読み:ヨジュム キウニ オソヨ?
訳:最近元気ないですか?

・그가 기운이 없어서, 궁금해.
読み:クガ キウニ オソソ クングメ
訳:彼が元気なくて、気になるよ。

・어제는 기운이 없었습니다.
読み:オジェヌン キウニ オソッスムニダ
訳:昨日は、元気がありませんでした。

・기운 내세요.
読み:キウン ネセヨ
訳:元気出してください。

あとがき

ではでは、皆様も類義語との使い分けを気にして活用していきましょう。
いろんな例文を作ってみてください。

クロ トボジャ~。

スポンサーリンク