ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の連体詞「何」の単語は3パターン【몇・무엇・무슨】解説します!

この記事をシェアする

みなさま、こんにちは。
今日は、韓国語の「何」について勉強しましょう。

韓国語の「何」は3パターンあります。同じようにみえて、実は全然違います。
解説と使い方を見て行きましょう!

f:id:yukik8er:20190916183035j:plain

解説

「何」の単語は、大きく分けて3つあります。
'몇/무엇/무슨' この3つは、あとに続く単語に違いがあります。

「何」+ 助数詞

【몇】
読み:ミョッ
発音:myeot

意味は、数詞・冠形詞で「何」「いくつ」となります。

'몇' のあとに付ける単語は、助数詞となります。「何個」「何時」「何歳」「何名」「何枚」など...。

'몇' 活用例

・몇 살입니까?
訳:何歳ですか?

・몇이에요?
訳:いくつですか?

「何」+ 助詞・指定詞

【무엇】
読み:ムゥオッ
発音:mu-eot

意味は、疑問代名詞で「何」となります。

'무엇' のあとに付ける単語は、助詞・指定詞です。
「何が」「何を」「何で」など...。

「무엇」縮約系

会話では、縮約形にされることがあります。

意味 単語 縮約系
何が 무엇이 뭐가
何を 무엇을
何で 무엇으로 뭘로

「何」+ 名詞

【무슨】
読み:ムスン
発音:mu-seun

意味は、冠形詞「何の」「何か」となります

'무슨' のあとは、必ず名詞が付きます。
「何のこと?」「何の話?」など...。

「무슨」例文

・무슨 말이야?
訳:どういうこと?

・무슨 뜻이에요?
訳:どういう意味ですか?

・무슨 생각하는 거야?
訳:何を考えているの?

あとがき

3パターンもあるの?と思うと難しく感じていましたが、こう分けてみると全然違うので...分かりやすいですよね。

色んなパターンで活用できるように、ぜひ覚えて活用してください。

ではでは、あんにょん!

スポンサーリンク