★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語で「コンビニエンスストア」とは?【편의점】日本との違いについて

スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「コンビニエンスストア」について勉強しましょう。

ソウルに旅行に行った際に、どこにでもあり大変助かったコンビニ。
セブンイレブンやミニストもあるし、日本と変わらない?と思いきや、ちょこっと違うところがあるので、ぜひとも一読ください。

f:id:yukik8er:20180422061625j:plain

「コンビニ」は通じない?

日本では、コンビニ・コンビニエンスストアと言いますが、韓国では呼び名が違います。

【편의점】読み:ピョニジョム

漢字語で「便宜店」べんぎてん と言います。
意味は、都合の良い店ということ。
当たり前ですが、24時間営業・飲食物・本などいろいろ売ってますよね。
ということで便利なお店ってことです。

なので、コンビニは英語だから通じると思って「コンビニ オディエヨ?」なんて言っても通じません。
しかしながら、アメリカでも「コンビニ」は通じないですけどね。
コンビニエンスストア」と言わなければなりません。
日本人は、基本省略しすぎ人類です!!

日本との違い

まず、一緒のところは、売ってる内容はほぼ変わりません。
飲食物・本・ちょっとした生活用品が並べられています。

違うところは、まず売っていないもの。
お惣菜系(ポテサラとか)もしかしたら、真空パックのものはあるかもしれませんが、透明のパック(分かる?)おにぎりの隣のコーナーにあるようなものは、売っていません。
確かに、ソウルでコンビニ行ったときに見かけなかった・・・。

次に!トイレは借りれません。
そして、コピー機もありません。
ATMは、あるお店とないお店があるようです。
私が行ったお店は、ATMはありませんでした。

交通カード(T-money)が購入でき、チャージも可能。
Wi-Fiプリペイドカードも販売している。

そして、なんといっても一番の違いは、飲食スペースがあるということ。
小さいお店はないのですが、基本あります。
店内にある場合と外にある場合と異なりますが、小腹がすいたときにちょっと食べるのに最適です。

そして、最後に購入したものを袋に入れてくれない。
と、言っても袋がないわけではありません。
「袋に入れてください」と言わないといけません。
きっと、飲食スペースがあるから人によっては、すぐに食べちゃうし・・・生活用品もそんな大きい物でもないから、持ってるカバンに入れる人が多いのだと思います。

コンビニの種類

【세븐 일레븐】セブンイレブン
読み:セブニレブン

【미니 스톱】ミニストップ
読み:ミニスト

【씨유】CU※以前はファミリーマートでした
読み:シユ

【지에스 이십오】GS25
読み:ジエス イシ

例文

・편의점은 어디에 있습니까?(コンビニは、どこにありますか?)
読み:ピョニジョムン オディエ イッスムニッカ?

・편의점에서 음료를 삽시다.(コンビニで飲み物を買いましょう)
読み:ピョニジョメソ ウムリョル サプシダ

・담아주세요.(袋に入れてください)
読み:タマジュセヨ
※直訳は「入れてください」담다(入れる)

・ATM 있나요?(ATMありますか?)
読み:ATMイナヨ?
※「ATM」で通じますが【현금인출기】ヒョングミンチュルギ(現金自動預け払い機)とも使うそうです。

それでは、このへんで~。

スポンサーリンク