ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「前もって」とは?【진작】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「前もって」について勉強しましょう。

「あらかじめ用意しておかなきゃいけないよ」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190920110107j:plain

解説

【진작】
読み:チンジャ
発音:chin-jak


意味は、副詞で「前もって」「あらかじめ」「もっと早く」となります。
ネガティブな文章に使う副詞となります。

「前もって言っておいて」「あらかじめ知らせておいてよ」など、後悔や少し後ろ向きな文章で用います。

未来の文章では使えません。「あらかじめやっておくね(✖)」

類義語

【미리】
読み:ミリ

こちらは、未来の文章も過去の文章も使えます。
正直『미리』を使っておけば間違いないです!!

活用例文

・왜 진작 말하지 않는거야?
読み:ウェ チンジャ マラジ アンヌンゴヤ
訳:なんで、前もって言わないの?

・진작 준비를 안 했어?
読み:チンジャ チュンビル アネッソ?
訳:あらかじめ準備してなかったの?

・미리 준비해 줬으면 좋았는데.
読み:チンジャ チュンビヘ ジュォッスミョン チョアンヌンデ
訳:前もって準備してくれたらよかったのに。

あとがき

上記のように、ネガティブ文章の副詞なので、相手を責めたり、後悔のときに使います。
「もっと早く行ってよ!」「前もって用意すべきでしょ」など、いろんな例文を作ってみてください。

それでは、トボジャ!!

スポンサーリンク