ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の表現「~じゃない」とは?【잖다】使い方をマスターしよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~じゃない」について勉強しましょう。

会話でよく出てくると思うので、使い方を理解しておきましょう。

f:id:yukik8er:20191010095236j:plain

解説

【잖다】
読み:チャンタ
発音:tchan-ta


意味は「~じゃない」となります。

そもそも【잖다】は「~しない」の【지 않다】の縮約形です。
ヘヨ体もしくはパンマルで使用します。

動詞・形容詞の語幹に付けるだけです。(パッチム関係なし)

現在形

【잖아요】~じゃないですか(ヘヨ体)
読み:チャナヨ

【잖아】~じゃん/~じゃない(パンマル)
読み:チャナ

ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

存在詞+

【있잖아요】あるじゃないですか(ヘヨ体)
読み:イッチャナヨ

【있잖아】あるじゃない(パンマル)
読み:イッチャナ

活用例

【하잖아요】するじゃないですか
読み:ハジャナヨ
※動詞「하다+」

【했잖아요】したじゃないですか
読み:ヘッチャナヨ
※過去動詞「했다+」

【말했잖아요】言ったじゃないですか
読み:マレッチャナヨ

【아니잖아】じゃないじゃん
読み:アニジャナ
※状況により「違うじゃん」とも訳されます。

例文

・좋아한다고 했잖아!
読み:チョアハンダゴ ヘッチャナ
訳:好きだって言ったじゃん!

・이거 아니잖아!
読み:イゴ アニジャナ
訳:これじゃないじゃん!

・복장 같잖아요.
読み:ポクチャン カッチャナヨ
訳:服装同じじゃないですか。

・어제 약속했잖아!
読み:オジェ ヤクソケッチャナ
訳:昨日、約束したじゃない!

・그 모자 어울린 잖아?
読み:ク モジャ オウリン ジャナ?
訳:この帽子、似合うんじゃない?

あとがき

慣れてくると普通になってきますので、ぜひマスターしてください。
会話で使いやすい表現です。

ではでは~!!

スポンサーリンク