スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「場合」「ケース」について勉強しましょう。

「最悪のケース」や「いずれの場合でも」というような文章を作るときに用いられます。
ぜひ、一読ください。


スポンサーリンク

解説

【경우】
読み:キョンg
発音:kyeong-u

意味は、名詞で「場合」「ケース」となります。そのときの事情・場合・状況・境遇を表します。

類義語

【케이스】ケース
読み:ケイス
※外来語です「case」

【판국】場面/局面
読み:パングk

活用例

【경우의 수】場合の数
読み:キョンgウエ ス
※トーナメント方式のスポーツでよく用いられる。

【최악의 경우】最悪の場合
読み:チェアゲ キョンg

【만일의 경우】万一の場合
読み:マニレ キョンg

例文

・이건 경우에 따라 달라요
訳:これは、場合によって違います。

・서민들에 경우 돈을 빌리고 싶어도 이자가 부담이 됩니다.
訳:庶民の場合、お金を借りたくても利子が負担になります。

あとがき

「~の場合」と言いたいときに付けるだけなので、特に難しくはありません。
いろんな例文を作成してみてくださいね。

では、このへんで~!감사합니다.

おすすめの記事