ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の表現「~らしい」とは?【답다】【스럽다】【롭다】使い分けを教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~らしい」について勉強しましょう。

形容詞の「~らしい」「~っぽい」という表現まとめです。
3パターンありますので、ご確認ください。
すべて名詞を形容詞にする接続語の役割があります。

f:id:yukik8er:20191011085224j:plain

解説

【답다】読み:タプタ

一部の名詞の後につく。
そのような性質・資格があるという表現。
「~にふさわしい」価値があるという意味。

【스럽다】読み:スロプタ

「~そうだ」という意味を持ち、一部の名詞に後につく。
そのような性質・姿を表現。
名詞は基本、パッチムがあるものにつく。

【롭다】読み:ロプタ

抽象的な表現で用いる。
一部の名詞の後につきますが、基本「롭다」がついた状態で辞書に載っていることが多い。

답다 活用例

【남자답다】男らしい
読み:ナムジャダプタ

【사람답다】人らしい(人間らしい)
読み:サラムダプタ

【너답다】あなたらしい
読み:ノダプタ

스럽다 活用例

【사랑스럽다】愛らしい
読み:サランスロプタ

【촌스럽다】ダサい
読み:チョンスロプタ

【불만스럽다】不満そうだ
読み:プルマンスロプタ

롭다 活用例

【위태롭다】危なっかしい
読み:ウィテロプタ

【평화롭다】平和だ(平和そうだ)
読み:ピョンファロプッタ

【흥미롭다】興味深い
読み:フンミロプタ

あとがき

3つの使い分けというより、それぞれ特性があるということを覚えておきましょう。
  • 【답다】は、そのような資格がある。
  • 【스럽다】は、そのような性質があり様子(姿)を現す。
  • 【롭다】は、抽象的に表現。

あまり深く考えると難しいのですが、すべて形容詞にするよ~という記事でした。
ではでは~。
スポンサーリンク