ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「対する」とは?【대하다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「対する」について勉強しましょう。

「先輩に対して、なんだその口の利き方は!」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20220316130629j:plain

解説

【대ː하다】
読み:テハダ
発音:tae-ha-da

意味は、動詞で「対する」となります。主に副詞活用をします。

他に「接する」という意味もあります。

活用例

【대해】対し
読み:テヘ
※「대하여」でも可

【대해서】対して・ついて
読み:テヘソ

【대한】対して・ついて
読み:テハン

【대하는】対する
読み:テハヌン

대해서と대한の違い

・대해(서):後ろに来る文章を修飾
예)한국 문화에 대해(서) 관심이 많거든요.

・대한:後ろに来る名詞を修飾
예)한국 영화에 대한 감상문을 써야돼요.

例文

・민준 선배님을 대하는 태도가 나쁩니다.
訳:ミンジュン先輩に対する態度が悪いです。

・한국 역사 대한 책을 읽으려고 해요.
訳:韓国の歴史について本を読もうと思います。

・그 문제에 대해 무리하지 않았으면 좋겠다.
訳:その問題について無視しないで欲しい。

あとがき

「ついて」の使い分けがいまいち分からんくて…先生に聞いたんですよ。
そしたら、後に来る文(名詞)によって変わると言われて、難しいなと思ったのですが、何個か例文を作ると分かるようになりました。

皆さんも、いろんな例文をつくってみてください。

スポンサーリンク