ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「たとえ」とは?【설령/설사】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「たとえ」「仮に」について勉強しましょう。

「仮に大怪我をしたとしても後悔はしません」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20201117135541j:plain

解説

【설령】
読み:ソリョン
発音:sŏl-lyŏng

【설사】
読み:ソッサ
発音:sŏl-ssa

意味は「たとえ」「仮に」となります。
仮定の話のときに用います。主に+하더라도/라도をつけて「たとえ~しても/でも」という使い方で否定的な文章で用いる。

설령=설사
意味は、全く同じです。違いとすれば「설령:文語」「설사:口語」くらいだが、2つの単語は置き換えて使っても問題はないです。

※「설사」は、下痢という単語でもあります。

類義語

【가령】仮に(もしも)
読み:カリョン
※仮定の話で用いる「仮に宝くじが当たったとして~」など

【비록】たとえ・仮に
読み:ピロ
※主に+ㄹ지라도をつけて「たとえ~であっても」という使い方をする
『たとえ見た目は同じであっても体力は衰えている」など

例文

・설령 사고를 당하더라도 책임을 전가하지 마.
読み:ソリョン サゴル タンハドラド チェギム チョンガハジ マ
訳:仮に事故に遭っても責任をなすりつけるなよ。

・설사 대지진이 와도 이 빌딩은 끄떡없어요.
読み:ソッサ テジジニ ワド イ ビディングン ックットゴソヨ
訳:たとえ大地震が来てもこのビルは平気です。
※直訳は「~このビルはびくともしない」

あとがき

類義語があると、ちょっと混乱しますよね。
いろんな例文を作って理解を深めてください。

そんなこんなで、トバヨ~!

スポンサーリンク