ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「隙」とは?【틈】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「隙」について勉強しましょう。

「入る隙がない」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20201224220922j:plain

解説

【틈】
読み:トゥ
発音:tŭm

意味は、名詞で「隙」「隙間」「暇」「合間」となります。
文章によっては「手間」「間隔」「機会」という訳でも可。

他に「不和」「ひび」という訳でもあります。
関係に隙間ができる=不和 ということですね。

類義語

【빈틈】隙間・抜け目
読み:ピントゥ

【틈새】隙間
読み:トゥ

【짬】隙間・合間
読み:ッチャ

活用例

【틈이 나다】隙ができる
読み:トゥミ ナダ

【틈이 없다】暇がない
読み:トゥミ オ

【틈이 생기다】不和が生じる
読み:トゥミ センギダ

【틈을 노리다】隙をねらう
読み:トゥム ノリダ

例文

・이번 주는 놀 틈이 없어요.
読み:イボンチュヌン ノ トゥミ オソヨ
訳:今週は遊ぶ暇がありません。

・잠깐 틈이 나 집에서 저녁을 먹었다.
読み:チャッカン トゥミ ナ チベソ チョニョグ モゴッタ
訳:ちょっと暇が出来て家でご飯を食べた。

・틈이 나서 도와 드리겠습니다.
読み:トゥミ ナソ トワ ドゥリゲッスムニダ
訳:手が空いたので手伝います。

・내가 들어갈 틈은 없어.
読み:ネガ トゥロガ トゥムン オ
訳:私が入る隙はないよ。

あとがき

「暇がない」は、普段でも活用できそうですね。
例文をたくさん作成して活用できるようにしましょう。

それでは、また~!

スポンサーリンク