ハングルマスター

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語の助詞「~が」とは?【이・가】使い方を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の助詞「~が」について学んでいきましょう。

「私が~」「~さんが」というときに用いる単語です。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190202122626j:plain

解説

【이】パッチム
読み:イ
発音:i
「이」パッチムありの有となるので、実際は「イ」と発音することはありません。
前のパッチムからの連音化で発音します。

【가】パッチム
読み:ガ
発音:ga

名詞のあとに付けて「~が」と訳します。
疑問・否定形の場合は「~は」となります。

例文

・비가 내리고 있습니다.
読み:ピガ ネリゴ イッスムニダ
訳:雨が降っています

・마음이 아픕니다.
読み:マゥミ アプムニダ
訳:心が痛いです

・피로가 풀리지 않다.
読み:ピロガ プリジ アンタ
訳:疲労が取れない

・잠이 깼습니다.
読み:チャミ ッケッスムニダ
訳:目が覚めました
※直訳は「眠りが覚めました」となります。

上記の例文のように、パッチムありは連音化に気を付けてください。

ここ注目!

基礎代名詞の「私」などを「私が」にしようとすると、下記のようになります。

私→私が

  • 저→ 【제가】チェガ・・・丁寧語
  • 나→ 【내가】ネガ

お前→お前が

  • 너→ 【네가】ネガ・・・目下の人に使用

誰→誰が

  • 누구→【누가】ヌガ

変形するということです!!
저가(チョガ)너가(ノガ)ではありません。
間違いやすいポイントです。

★「ネガ」について

「私が」の【내가】ネガ、「お前が」の【네가】ネガ

近い発音の場合、どうやって判断しているのかと言うと「お前が」の発音を少し変えて発音しています。
『니가』ニガ と発音しています。

メール等では、母音が違うので分かりますが、会話で「お前が」「あんたが」というときは「ニガ」と発音しましょう。

疑問形と否定形の場合

前後の文章・単語によって「~が」が「~では」となります。
以前、書いた記事で例文がありますので、良かったら読んでみてください。

www.yuki0918kw.com

否定形「~では、ありません」というときや、疑問形「名前は、何ですか?」「これは、何ですか?」も【이・가】を「~は」と訳します。

ただ【이름이 뭐예요?】も【이름은 뭐예요?】も、どちらも「名前は何ですか?」で通じますが、【이】を使う方がよいと思います。

【이】は、最初に名前を伺うというイメージです。
【은】だと、いろいろ話をしたあとに「で、お名前は?」みたいな印象となるそうです。

例文等でも「~が」は何度も出てきているので、
また、確認してみてください。

スポンサーリンク