ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「生きる」とは?【살다】意味を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「生きる」について勉強しましょう。

「オシャレに生きていこう!」というような文章を作ることが出来ます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190609210727j:plain

解説

【살다】
読み:サ
発音:sal-da

意味は、動詞で「生きる」となります。

他に「住む」「暮らす」という意味でもあります。

現在形

【삽니다】生きます(ハムニダ体)
読み:サムニダ

【살아요】生きます(ヘヨ体)
読み:サラヨ

【살아】生きるよ(パンマル)
読み:サラ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【살았다】生きた
読み:サラッタ

【살았습니다】
生きました(ハムニダ体)
読み:サラッスムニダ

【살았어요】生きました(ヘヨ体)
読み:サラッソヨ

【살았어】生きたよ(パンマル)
読み:サラッソ

意志/推量形

【살겠다】生きる
読み:サゲッタ

【살겠습니다】
生きます(ハムニダ体)
読み:サゲッスムニダ

【살겠어요】生きます(ヘヨ体)
読み:サゲッソヨ

【살겠어】生きるよ(パンマル)
読み:サゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【살고 있다】生きている
読み:サゴ イッタ

【살고 있습니다】
生きています(ハムニダ体)
読み:サゴ イッスムニダ

【살고 있어요】生きています(ヘヨ体)
読み:サゴ イッソヨ

【살고 있어】生きているよ(パンマル)
読み:サゴ イッソ

過去進行形

【살고 있었다】生きていた
読み:サゴイッソッタ

【살고 있었습니다】
生きていました(ハムニダ体)
読み:サゴ イッソッスムニダ

【살고 있었어요】生きていました(ヘヨ体)
読み:サゴ イッソッソヨ

【살고 있었어】生きていたよ(パンマル)
読み:サゴ イッソッソ

否定形

【살지 않다】生きない
読み:サジ アンタ

願望形

【살고 싶다】生きたい
読み:サゴ シプタ

依頼形

【살아 주세요】生きてください
読み:サラ ジュセヨ

命令形

【사십시오】生きてください
読み:サシプシオ

【사세요】生きてください
読み:サセヨ
※「生きなさい」でも可

【살아라】生きろ
読み:サララ

勧誘形

【삽시다】生きましょう
読み:サプシダ

【살자】生きよう
読み:サジャ

仮定形

【살면】生きれば、生きたら
読み:サミョン

他活用

【못살아】やってらんない
読み:モッサラ
※直訳は「生きられない」だが、生きるのが馬鹿馬鹿しいというニュアンスで用います。

【살아있네】やるじゃん
読み:サラインネ
※直訳は「生きてるね」だが、まだまだやれるねというニュアンスで用います。

例文

・앞으로도 열심히 살겠습니다.
読み:アプロド ヨシミ サゲッスムニダ
訳:これからも一生懸命生きていきます。

・살아 있어서 이렇게도 행복한 기분은 처음이에요.
読み:サラ イッソソ イロッケド ヘンボカン キブヌン チョウミエヨ
訳:生きていてこんなにも幸せな気分は初めてです。

あとがき

韓国ドラマで「モッサラ」は、たまに耳にします。
「やってらんない」や「うんざり」という意味だったんですね!
いろんなフレーズを覚えていきたいです。

では、このへんで!

スポンサーリンク