ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「これといって」とは?【딱히】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「これといって」について勉強しましょう。

「これといって何も思いつかない」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20220405113252j:plain

解説

【딱히】
読み:ッタキ
発音:tta-ki

意味は、副詞で「これといって」「とりわけ」となります。否定の表現と一緒に用います。
訳は「特に」「はっきりと」「あきらかに」「正確に」となるときもあります。

-ない 現在形

【딱히 없다】これといってない
読み:ッタキ オpッタ

【딱히 없습니다】これといってありません(ハムニダ体)
読み:ッタキ オpッスmニダ

【딱히 없어요】これといってないです(ヘヨ体)
読み:ッタキ オpソヨ

【딱히 없어】これといってないよ(パンマル)
読み:ッタキ オp

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

-ない 過去形

【딱히 없었다】これといってなかった
読み:ッタキ オpソッタ

【딱히 없었습니다】これといってありませんでした(ハムニダ体)
読み:ッタキ オpソッスmニダ

【딱히 없었어요】これといってなかったです(ヘヨ体)
読み:ッタキ オpソッソヨ

【딱히 없었어】これといってなかったよ(パンマル)
読み:ッタキ オpソッソ

例文

・지금 딱히 하고 싶은 게 없어요.
訳:今、これといってやりたいことないです

・이건 딱히 잘라 말할 수 없는 일이잖아요.
訳:これは、あきらかに断言できないことじゃないですか。

あとがき

「これといって話すことはない」というような使い方が普段でも使えそうですね。
ぜひ、覚えて活用してください。

あんにょんです。

スポンサーリンク