スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
韓国語で「どうしよう」というフレーズを覚えましょう。

韓国ドラマでもよく出てきます。覚えて活用してきたいですね!

スポンサーリンク

解説

【어떡하다】
読み:オットカダ
発音:eo-tteok-ha-da

意味は「どうする」となります。

'어떠하게 하다' の縮約形です。

活用例

【어떡하지요】どうしましょう
読み:オットカジヨ

【어떡하죠】どうしましょう
読み:オットカジョ

【어떡하지】どうしよう
読み:オットカジ

【어떡할까요?】どうしましょうか?
読み:オットカLッカヨ?

【어떡할까?】どうしようか?
読み:オットカLッカ?

【어떡해】どうしよう
読み:オットケ

2つの「オットケ」

'어떡해' と '어떻게' 何がどう違うのか?発音は、ほぼ同じの「オットケ」です。

'어떻게' は、副詞です。
英語でいう「HOW」に値する「どのように」「どう」になります。
使用する際は、'어떻게' の後に形容詞・動詞が続きます。

'어떡해' は、そもそも動詞の活用です。

「어떻게」から「어떡해」

어떻게(どのように)
  ↓↓
어떻게 하다(どのようにする)
  ↓↓
어떻게 하다 をヘヨ体にします
  ↓↓
어떻게 해요
  ↓↓
어떡해요

パンマルにすると '어떡해'
結果...「どうしよう」と呟く言葉になりました。

あとがき

「どのようにする」から「どうする」。。。
そして「どうしよう」という形に変換できるということだそうです。

「どうしよう」と困ったときに自然と使えるようにしておきたいですね。

では、このへんで~。

スポンサーリンク
おすすめの記事